水上公園から土手を上がって、入間川に架かる初雁橋にやってきました。
 この橋は橋長279.66m、幅員9.0mと、それほど大きくありませんが、川越市街地から日高を結ぶ県道15号線(川越日高線)、そのため車の交通量は多い。

初雁橋   

 橋の親柱には、飛ぶ雁の姿のモニュメントが置かれています。
 雁は川越市の鳥だそうです。

親柱に雁のモニュメント    

 さて、この橋からあるものが見られるのですが、果たして見られるか……。
  
 なんとか見えました。川の上流(南西方向)にうっすらと富士山が。
 以前きたときはもっとはっきり見えたけど、たまには(?)こういう日もあります。

初雁橋から見える富士   

 もっとも水上公園通りで見たときはこんな感じで、

水上公園通りで見た富士山    

 水上公園の土手から見たときはこんな感じでした。

水上公園の土手で見た富士山   

 はっきり見えず、微かに見えるというのが、いかにも当方の運勢を表している?

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1402-d43aa899