先月下旬、工場直売店でパンを買ったついでにケヤキ並木に寄りました。
 この道の正式名は「県道さいたま・ふじみ野・所沢線」、通称「いも街道」と呼ばれています。
 通りの両側に約30軒のいも農家があり、直売しているからです。

ケヤキ並木   

 またこの一画に古民家「旧島田家住宅」があります。

 ケヤキ並木(左は旧島田家住宅)

 文化・文政期(1804~1829)に建築されたとされる茅葺寄棟造りで、元寺子屋だった家屋を移築復元したものです。

 旧島田家住宅  

 土間には囲炉裏があり、薪がくべられています。
 ここだけ暖かい。
 「ごゆっくり」といわれたけど、早々に退散しました。

囲炉裏には火が 

 さて、いもの直売場。
 今回この通りに寄ったのは、友人にいもを送るためです。
   

 親戚の者には毎年送っているのですが、いつも利用しているところはこの日は休みだったので、他の農家を当たりました。

「いも街道」の道標 

 門からかなり入った敷地の奥に倉庫らしき建物があるのですが、誰も人はなし。
 何度か声をかけて、やっと農家の若奥さんがでてきました。のんびりしとる。
  

 価格表を見ると、いつものところより安い。
 あそこは喫茶店などもやっていて、商売に如才がないからなあ。

 いもの直売所  

 初めてなので5㎏頼みました。
 「よろしかったら、どうぞ」
 袋に入った大きないもが数本。
 いつものところだと、こんなサービス一切なし。
 来年からはここにしようかなあ。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1398-067b5ca6