護国寺といえば、東京都文京区の護国寺が浮かびますが、富士見市にもあります。
 ただしこちらは天台宗で、名称は龍王山薬王院護国寺。総本山は比叡山延暦寺。
 (東京の護国寺は真言宗豊山派)

 護国寺・入口

 寺の縁起を見ると、創立は平安時代の初期、延暦25年(806)
 あとは法華経の教義が連綿と説明されているだけで、詳しいことはよくわからん。

境内と本堂   

 山門を入ったところに板碑あり。
 これは鎌倉時代中期から戦国時代にかけて造られた供養塔で、高さは約3m。
 市内最古のものだそうです。

板碑   

 またここには、やすらぎ観音と福徳弁財天があります。
 「人々の心の安らぎと幸せを祈って……」と書かれています。

 やすらぎ観音

 弁財天はなかなかの美人です。

 福徳弁財天   

 ここは石仏やお地蔵さんが多く、昔から土着の信仰があったことがうかがえます。

 六地蔵  

 ペットの供養碑もありました。

ペットの供養碑   

 いろんなものがコンパクトに詰め込まれている。さすが地方の寺院。
 これはこれでお国(おらが村)を護っている?

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1383-aa3223b4