2016.11.12 野いちご

 「野いちご」(1957/スウェーデン)を最初に観たのは高2のときでした。
 高校は違いましたが、小学校から仲のよかったS君と観に行きました。白黒で、老人が主人公の地味な映画でした。

 老教授イサク(ヴィクトル・シェストレム)はある夜、不思議な夢を見ます。
  

 人気のない町を歩いていると目の前に針のない時計。振り返ると、通りにスーツを着た男が立っている。男の顔は歪んでおり、やがて溶けてしまう。馬車が猛スピードで走ってきたが、電柱に車輪が引っかかって横転する。馬車から転がり出たのは棺桶。その棺桶から手が伸びて、彼を捕えようとした……。

野いちご・冒頭シーン    

 彼は医学の研究で名誉学位を受けることになり、住まいのストックホルムから式場のルンドまで息子の嫁マリアンヌ(イングリッド・チューリン)と車で向かおうとします。
 

 半日ほどの小旅行でイサクの脳裏にいろんな人物がよぎります。
 青年時代、弟にとられた婚約者サラ、不貞を働いた妻、なさぬ仲の実の息子……なんと自分は彼らに冷淡だったことか。苦々しい思いばかりです。

野いちご①   

 そんな折、ヒッチハイクで乗り込んできたのは、女子学生サラとふたりの男子大学生。
 サラは天真爛漫な性格で、イサクの婚約者だったサラそっくり(二役)。男子大学生たちも気のいい青年で、ときには話が盛り上がり、イサクは若い世代から元気をもらいます。
  

 イサクは車に揺られながら、また夢を見ます。
  

 鳥の羽音がして目を開けると、昔の婚約者サラがいて手鏡を向ける。「鏡を見て!」
 映るのは今の老いぼれた自分の顔。「あなたにあるのは知識だけ」
 そういって彼女は去っていく。
 次にイサクは試験官から、森で妻と男が密会している現場を観察させられる。見たくない。不愉快な光景だ。
 しかし試験官はこういう。「全ての哀しみを手術で取り除きました」

  野いちご②

 夢か……。
 無事に授与式を終えた彼はその夜、息子(医師)と話し合いました。
 それまで息子とはあまり仲が良くなかったのですが、イサクのほうが腹を割って話しかけると、息子も素直になり、父子のわだかまりが氷解していきました。

   

 寝室の外では昼間に出会ったヒッチハイカーたちが彼の栄誉を心から祝福してくれました。イサクは満ち足りた気持ちで眠りにつきます。

 この映画はひとことでいうと、ある老人の過去との和解の旅です。
 監督イングマール・ベルイマンが入院中に書き上げたもので、当時女性問題や両親との確執など私生活のトラブルがあって、それが作品に反映されているそうです。
  

 最初に見たときは「うーん……」
 ふたりとも無言で帰途につきました。あまりにも感動が大きかったからです。
  

  その後、NHKの「名画劇場」でも観ましたが、やはりよかった。
  今観ても感動すると思いますが、身につまされて侘しくなるかもしれません。
  

 それにしても、高校生のときにこういう映画で感動したとは。
 自分の感性が当時から豊かだったのか、それとも名画というのは年齢に関係なく感動を与えるものなのか。
 おそらく後者でしょうね。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1378-b03ac5e0