昨日(11/06)はテレ朝「路線バスで寄り道の旅」を観ました。
 この番組は徳さん御一行(徳光和夫、田中律子、ゲスト)が首都圏を路線バスで「徘徊」するというもの。
 今回は「都立大(東横線)」に寄るというので興味を持ちました。都立大は青春時代に過ごしたところなので。

タイトル   

 この地については、2年前「柿の木坂」の項にUPしましたが、実際に訪れたのは4年前。
 それまでも何度か訪れていましたが、いつも思うのは「変わったなあ」

駅前  

 徳さん御一行は駅前の商店街をうろうろ。
 「ほう、ここは面白い商店街だねえ」
 なんていってるけど、当方の学生時代はそんな面白くなかったぞ。

大学があった当時の商店街    

 とくに高架下の商店街など、当時はそんなに賑わっていなかった。
 駅のすぐ近くにドブ川(呑川)があり、これが商店の発達を邪魔していた。
 それが証拠に暗渠になってからは、川沿いに小じゃれた店が建ち並ぶようになり、活況を呈するようになりました。養鶏所の直売店のバームクーヘン屋なんてなかった。

歌う徳さん    

 さらに高架下の飲食街のスナックで、徳さんが唄ったのは春日八郎「赤いランプの終列車」
 いかにも古い。
 我われの30代はカラオケの大ブームで、某デザイナーが思い入れたっぷりに「別れの一本杉」を唄ったときはぞっとしたよ。
 徳さんの場合はあれほどひどくなかったけど。

都立大学のキャンパス   

 都立大学の駅名は、1949~1991年までこの先(柿の木坂)に都立大学があったからですが、今はもうありません。それでも駅名を変えないのは、地元の人たちがこの駅名に愛着を持っているからだそうです。
   

 余談ですが、お隣りの学芸大学駅にも大学はなく、とっくの昔に小金井に移転しています。
 以前、学芸大出身のブロガーさん(女性)から、「学芸大出身というと、『ああ、東横線の……』といわれるのがイヤ、駅名を変えてほしい」との意見を寄せられたことがありますが、私は変えてほしくない。
 彼女の場合は小金井のキャンパスに通っていたので、東横線とは無縁だったからでしょうけど。

  *  

 徳さん御一行は他にも、桜新町、武蔵小山商店街、川崎コリアタウンにも寄っています。
 いずれも予約なしのぶっつけ本番。

定食屋にて   

 いきなりお店に入って「TVのカメラが入っていいですか」と徳さんや田中律子さんたちが交渉している。(川崎では一軒の店に拒否されている)

川崎コリアタウン   

 飲食した分についてはちゃんと支払う。店側が「いい」といっても、徳さんは「それは困ります」と押し問答の末支払っている。この姿勢には好感が持てます。

武蔵小山商店街    

 昔、週刊誌の取材で加賀温泉に行ったとき、一緒に行ったテレ東のプロデューサーの計らいですべてタイアップ。おかげで宿泊は只、往復の飛行機代までもらったけど、これだと完全な提灯番組(記事)になります。
 今だからいえることですが。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1373-e831299f