新逸見隧道をくぐり、さらに横須賀隧道をくぐって横須賀駅にやってきました。
 この駅は明治22年(1889)、海軍施設へのアクセスのために開業されました。
 プラットホームから改札口まで段差がなくフラットになっているのは、物資輸送がしやすいためです。戦後はしばらく米軍の横須賀基地への物資輸送に利用されました。

横須賀駅 

 平成9年(1997)同駅は「 関東の駅百選」に認定。その理由が「階段がひとつもない平坦な、人にやさしい駅」というから皮肉なもの。

改札口とホームがフラットに   

ここを初めて訪れたのは5年前の初秋。
駅舎を出ると、すぐ海側にハイカラな公園。
小ぢんまりしているけど、ボードウォークがあって、バラ園がありました。フランス式庭園だそうです。これがヴェルニー公園。

うみかぜの路①   

 「こんなシャレた公園が横須賀にあるのか」
 という思いでした。横須賀が好きになったのはこの公園のおかげ?

開明広場   

 同公園は幕末に日本に招かれて横須賀造船所を建設し、近代工業化の基礎をつくり上げたフランス人技術者レオンス・ヴェルニーにちなんでつくられたもの。

うみかぜの路②   

 しかし、いつも見られるバラがない。
 それもそのはず、記念館の近くの花壇に大砲の模型が置かれるための工事をしていました。
 この大砲は戦艦陸奥の4番砲で、完成は今月末とか。うーん、見るのは来年になるかな。

戦艦陸奥4番砲の模型    

 それでもボードウォーク(「うみかぜの路」という)を歩くのは何とも心地よい。
対岸のドックには巨大なガントリークレーンが見られるし、軍港巡りのクルーズ船もここを通る。(乗ったこともあります)

軍港めぐりのクルーズ船(うしろはガントリークレーン)    

  
 クルーズ船の船着き場、汐入桟橋までやってきました。
ここの景色も好きで潮だまりの水が意外にきれいなのに感心するのですが、この日は最悪。
その前の日は雨だったのか、風が強かったのか、おびただしい漂流物が打ち上げられてました。
それを地元の人が清掃する。ご苦労様です。

ゴミを清掃するおじさんたち   

 あの潮だまりの澄んだ海水もこの人たちのケアがあってこそ。
 改めて感謝しつつ、そこをあとにしました。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1343-ed2d9b98