月も変わったので、横須賀の塚山公園から。

塚山公園①

 「ずい分極端な変わりようではないか」
 と思われるかもしれないけど、実際に昨日(09/30)行ってきたんだからしょうがない。
 京急安針塚駅から歩いてきたけど、細い山道がキツイのなんのって。

 安針塚駅 険しい山道   

 しかし上ってみると開けた高台で見晴らしがいい。
 山頂(標高133m)からは長浦湾はもちろん、猿島も見えます。
 この公園一帯は明治のころより知られる景勝地で、春は桜の名所だそうです。

お城と見まがうトイレ    

 「スカイツリーや富士山も見えるっていうけどね。冬にならないとダメだね」
 とは山頂の見晴台で体操をしていたおじさん。地元の人らしい。

猿島が見える(見晴台より)    

 「先日まであそこにロナルド・レーガン(空母)が停泊してたんだけどね。今は北朝鮮が慌ただしいから、あっちへ行ってるよ」
 「すると司令部などはこちらにあるのですか。量的には沖縄のほうが多いけど」
 「そうかもしれないね。なにしろロナルド・レーガンだから。もっとも北朝鮮のほうもそれはキャッチしていてミサイルの照準を横須賀に合わせてるっていうよ」
 「物騒な話ですね」
 「まあ、そうはならないと思うけどね」
 このおじさん、しゃべること、しゃべること。

塚山公園②     

 ここは見晴台だけではなく、港の見える丘、富士見台、鹿島台など小高い丘があり、それぞれの眺望が楽しめます。(実際はそれほど変わらん)

長浦湾(港の見える丘より)    

 またここには三浦按針の墓があります。(通称・安針塚)
 三浦按針とは、江戸時代初期に徳川家康に外交顧問として仕えた英国人航海士ウィリアム・アダムス(1564~ 1620年)のこと。アメリカのドラマ「将軍(Shogun)」のモデルにもなりました。
 按針が亡くなったのは長崎の平戸ですが、遺言により知行地の逸見(へみ)村(現横須賀市逸見町)に供養塔が建てられました。右が按針、左が妻・ゆきのものです。

 三浦按針夫妻の墓  

 というわけでこの塚山公園は見どころ満載。
 「桜の季節にまたいらっしゃい」
 と例のおじさんにいわれたけど、上ってくる道がなあ……。
 「逸見(駅)からのコースのほうが楽だよ」とのことですが。

 

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1336-f44d6d0e