喜多院の次は中院。(天台宗/山号は星野山/寺号は無量寿寺/院号は中院)
 何度もUPしているので由緒などは省略しますが、しだれ桜が有名で、大勢の人で賑わいます。

鐘楼門    

 もっとも賑わうのはこの時期だけで、ふだんはひっそり。
   

 しかしここは島崎藤村ゆかりの地でもあり、狭山茶発祥の地碑もあって見どころ満載。

境内 

 したがって真の川越通は喜多院より中院を好むとか。
 境内は静かで落ち着きがあります。

 手水鉢   

 喜多院、菓子屋横丁、一番街などで見かけた「川越観光サポート隊」もここにはいなかった。
 (団子屋もないし)

 松の木  

 「おや?」
 境内にキンモクセイの香り。
 うーん、いい香りだ。

キンモクセイの花   

 私はこの香りが好きで、中華街へ行ったらキンモクセイの香りのする桂花茶を買うほど。
 以前このお茶が中華街から消えた、と述べたことがありますが、先月行ったら店頭にありました。ただし値上がりしてた。
  

 話が逸れましたが、キンモクセイは意外にも本堂の近くに。
 しかも木は意外に大きい。これはキンモクセイの木だったのだ。

キンモクセイ    

 ふだんは全然気がつかなかった。何の木かも知らなかったし、関心もなかった。
 それがこの時期だけ面目を発揮する。
 私もかくありたい。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1335-9d30b8b0