大相撲秋場所は大関豪栄道の優勝で終わりました。しかも、かど番からの15戦全勝は史上初。

千秋楽・○豪栄道―●琴奨菊    

 序盤は隠岐の海が2横綱3大関を破って快進撃、相撲内容もよかったので期待が持たれたけど、7日目全勝同士の豪栄道に負けてからガタガタと崩れ、14日目にやっと勝ち越し。最終的には9勝6敗で殊勲賞を受賞したけど、後半の失速は情けない。
   

 その点豪栄道は全身気合が漲り、内容も充実していたけど、他の大関、横綱もだらしなかった。
 白鵬が休場していただけに大関稀勢の里には綱取りのチャンスといわれたけど、いざフタを開けると勝負弱さが目立ちました。

豪栄道優勝で湧く場内(14日目)    

 横綱日馬富士は勢いよく攻めるのはいいけど、詰めの甘さと軽量の哀しさ、土俵際で逆転されることがよくありました。
 11日目の高安戦では土俵際まで追い込んでいるのに突き落としを食らって背中から落ち、13日目の豪栄道戦ではいい態勢になって寄りながらも(苦しまぎれの)首投げを食らいました。
 いずれも相手がかわす方向へ寄っている。これでは相手の思うツボ。かわされないよう、逆の方向へ攻めることはできなかったのか。(もっともこれは傍目だからいえること)

13日目・○豪栄道ー●日馬富士    

 豪栄道に関してはその日馬富士に首投げで勝ったことがすべて。
 これで豪栄道優勝と確信しました。

14日目・○豪栄道ー●玉鷲    

 もうひとりの横綱鶴竜はまったく精彩がなかった。
 休場明けということがあったのかもしれないけど、突っ張り合いしていても、ちょっと不利だと思うとすぐ引いてしまい、そこを付け込まれて押し出されるのが目につきました。
 この横綱から引きぐせがなくならない限り、これから先はない。

 14日目・○遠藤ー●高安  

 頑張ったのは遠藤。
 怪我で復調もままならず、長い間下位に低迷してたけど、今場所ようやく体調を取り戻したか、13勝2敗の好成績。前へ出る正攻法で内容もよかったと思います。

豪栄道   

 豪栄道に対して、「これで次回は綱取り」とマスコミは騒ぐけど、琴奨菊、稀勢の里、いずれも連続優勝したためしがない。
 豪栄道もそうだけど、琴奨菊、稀勢の里、いずれもそのときの勢いで優勝(稀勢の里は準優勝)しただけで、まだ横綱の実力は備わってない。
 それに「綱取り」と騒ぐことがプレッシャーになって勝てなくなる。
 いい加減こんな報道(バカ騒ぎ)はやめたらどうか。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1331-f79ab982