これはもう犯罪ではないのか。
 豊洲の土壌問題。
 専門家から「汚染対策には4.5mの盛り土が必要」と提言されて、いかにもそれに従った風を装いながら、実際はそれを行わず、薄いコンクリートを塗っただけで施設を建設していた。
 しかもHPには「土壌汚染の専門家の指導のもと、盛り土を行い、対策には万全を期しております」などと宣わっていた。
   

 たしか土壌汚染対策に858億円かかったと報告されていました。
 むろんこれには盛り土の費用も含まれている。
 しかし盛り土はなされてない。ではその差額はどうなった(どこへ消えた)。
 これだけとっても、これは詐欺(あるいは着服)ではないのか。
   

 誰が、どう指示してこんな風になっていったのか。
 小池都知事は調査チームを立ち上げて経緯を検証するというけど、本当にできるのか。
 担当者はのらりくらりといい逃れ、責任をたらい回しするのではないか。
  

 聞くところによると、石原元都知事は「オレはだまされてたんだ。小池クンにはしっかり頑張ってほしい」と被害者面してるけど、当時から豊洲移転には反対する意見や、危惧する声は多かった。にも関わらず反対意見を無視して豊洲に踏み切ったのはテメエじゃないか。自らの責任大ありだよ。
 今ごろになってこんなことをいうとは、何とも情けない。
     

 これに関しては豊洲移転推進派の都議会議員さえも「だまされていた」といっている。
 被害者面している場合じゃないだろう。自ら率先して責任の所在を追求すべきではないか。
 しかしこんな連中に当事者能力があるのかどうか。
   

 思うに、担当職員たちのだましの手口は相当巧妙で、役人特有の構造的なものだから、解明といっても一筋縄にはいかない。
 こうなったら刑事告訴して、捜査権を警察に委ねたほうがいいのではないか。
 そして裁判。有罪ならブタ箱に入ってもらう。
   

 都知事にしてみれば「泣いて馬謖を斬る」ということになるのだろうけど、これは仕方がない。
 これまで都民を欺いてきた罪はあまりに大きいのだから。
  

 では豊洲移転はどうなるのか。
 新聞報道では「大幅ずれ込み」といってるけど、ずれ込みでは済まないのではないか。
 豊洲は食品を扱う場所として本当に安全なのか。
   

 仮に数値が基準以下だったとしても、そんな気味の悪いところに買い手が行きたがるか。
 スーパーなどで、「これ、豊洲経由の魚なの? だったら買うのやめようかな」てなことにならないとも限らない。
 私は3年前、郷里の同窓生たちと築地の場外市場を歩き、魚料理を食べて、築地散策を満喫したけど、豊洲に行こうとは思わない。
    

 ということで最善策は豊洲市場そのものを断念。
 築地市場は営業しながら建て替えられる。現に東横線渋谷駅はそれをやっている。
 日本にはこういうハイテクがあるのだから、できないことではない。
 オリンピック道路? 優先順位を考えたら、それどころではないだろう。
      

 ではせっかく建てた豊洲の建物は?
 これは食品に関係のない倉庫が妥当だけど、カジノ案もある。
 港に近いから工場でもいいし、なんなら廃炉作業中の福島原発に代わってここに建てればいい。
 だって、100%近く「安全」なんでしょ。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1319-967a6751