今回私が選んだ句は、
    

 ④ゆきあひの空に浮雲秋の蝉
 ⑤川制し碑の立つ村や稲の花
……○
 ⑥寝転びて時代小説秋暑し
 ⑦くちなはの惑うてゐたり村の寺
 ⑧かなかなや夕映え長く松並木
  

 の五句です(○は特選)。
   

 ⑤これは、治水事業に成功した村の功績とともに、秋の収穫が期待される晴れやかな姿が句から表れています。
 
⑥おそらく時代小説が好きなんだろうけど、こう暑くてはなかなか進まない。わかります。
    

 各句の結果と作者。
   

 ④(4)○……女性A
 ⑤(2)○……同郷のおじさん
 ⑥(3)……女性B
 ⑦(3)……宗匠
 ⑧(2)……女性A
   

 気になったけど採らなかった句がありました。
    

 ⑨きちかうや紙のやうなる人の縁(2)……助手の先生
   

 「紙のやうなる人の縁」が強引でいいなと思ったのですが、「きちかう」がわからなかったので採らなかった。「きちかう」とは桔梗の花のことだって。


 私としてまったく不可解だったのは、
      

 ⑩君が代は美しきうた稲の花(4)○○○
  

 私以外は全員入れている。しかも特選で。(宗匠は例によって並選←すべての句に)
   

 信じられない。あまりにベタな句。句というよりも、これは標語。それに「稲の花」をくっつけただけ。
 さらにいうと「美しい」ということば。
 文章表現では「この花は美しい」といっても美しさは伝わらない。俳句だって同じはず。
   

 そこでこう発言しました。
 「この『美しい』という以外に他の表現はなかったのでしょうか。これじゃ言葉での『美しい』という共通認識に乗っかっているだけで、本当の意味での美しさは伝わってこない。安易な表現だと思います」
   

 これに対して、みんな「はア?」
 このオジサン、なにいってるの? という表情。
 なかには「美しいと思います。素直に受け取ればいいんじゃないかしら」という人も。
   

 これには私も気色ばんで、
 「私はひねくれてるからね。それにこれは標語であって、句になってない。森某のような人が推奨するようなことをわざわざ俳句にすることはない」
  

 すると進行していた助手の先生が、
 「これ、実は私の作ですけど、私だってふだんは『君が代』なんて題材にしないけど、今はオリンピックの時期。日本の選手が活躍して、『君が代』が流れたことに感動してつくったんです……」
 滔々と述べたけど、最後まで「美しい」には触れずじまい。
 多分みんなと同様、わかってないだろうな。
   

 この句もさることながら、この人たちとの関わりを根底的に見直す必要がありそうです。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1293-b5ec78ee