逗子海水浴場はいわば逗子湾の海岸線(約1km)。
 それを「太●族の記念碑」から北上していくと、その終点が浪子不動(高養寺)。
   

 浪子不動のいわれについては、
 今から600年以上も昔、披露山(ひろやま)から不思議な光が差すようになり、魚が獲れなくなったのを、鎌倉・補陀落寺(ふだらくじ)の頼基法印(らいきほういん)があたりを調べると、岩の洞穴に石の不動尊を発見した。村人が大切に祭ったところ、また魚が獲れるようになったという話があり、当初は「浪切不動」とか、「白滝不動」と呼ばれていました。

 蘆花ゆかりの板碑   

 それが「浪子不動」といわれるようになったのは、徳富蘆花の小説「不如帰(ほととぎす)」がここを舞台にしており、主人公の「浪子」にあやかったとか。
   

 昭和8年(1933)、お堂の前に海中に徳富蘇峯(蘆花の兄)の筆による「不如帰」の碑が建てられました。

海中のの浪子不動   

 この碑に使われた石材は大崎の先にころがっていた鍋島石(なべしまいし)です。江戸城を築くために九州鍋島藩が伊豆から運んできた石垣用の石が、船の難破で大崎の海に落ちたと言い伝えられていたものです。
  

 ふーむ、そんないわれがあったとは。
 当方、恥ずかしながら「不如帰」を読んでないので、浪子なんて知らなかった。

公園   

 この一帯は公園になっていて、ベンチなどが設えてあります。
おや、これは?
 「さくら貝の歌」の歌碑。これなら知ってるぞ、歌っているのは倍賞千恵子さん。

さくら貝の歌碑(対岸は桜山)    

 ♪うるわしきさくら貝ひとつ
 去りゆける君に捧げん
 この貝はこぞの浜辺に
 われひとり拾いし貝よ……
  

 これを作詞した土屋清(花情)は、元逗子役場の職員。成就しなかった初恋の思い出を胸に、砂浜を散歩するなかでこの詩が生まれたそうです。つくられたのは昭和14年(1939)
   

 こうしてみると、ここは文学的には宝庫のようなところ。
   

 ちなみにここを管轄するのは崖の中腹にある高養寺(白滝山)。

高養寺    

 その名の由来は、寺の建物を作るのを援助した政治家、高橋是清の「高」と、犬養毅の名「養」をとってつけられたとか。(ちょっと白ける?)
   

 聞けば、この右手中腹に都知事をされた作家大先生の邸宅があったとか。
 対岸は南の桜山。
 つくづく、いいところに邸宅を構えたものだなあ。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1289-30d36d4a