2016.08.13 逗子海水浴場

 渚橋を渡ると逗子海水浴場です。

渚橋 

 海水浴は身体に悪いのでやらなくなったけど、この海水浴場は胸が騒ぎます。
 海岸線は長く、U字状の湾(逗子湾)になっていて対岸を見ることができ、しかも遠浅。まさに海水浴にうってつけの海岸。若者が多いのもナットクです。

 逗子海水浴場(対岸は披露山)   

 それに、なんといってもここは、太●族発祥の地。
 某作家の記念碑がここにあります。(デザインは岡本太郎氏)
   

 学生時代、この作家の「太●の季節」に衝撃を受けた私は、湘南に憧れ、夏になると鎌倉から逗子一帯を徘徊しました。
 しかし後に葉山の森戸海岸や一色海岸を知ると、「こちらのほうが海の風情がある。逗子は初心者向き」と思うに至りました。
 そしてこのころから「限りなく湘南ボーイに近い男」(?)を自認するようになったのですが……。

記念碑    

 しかし、私にとっては青春のバイブルともいえる「太●の季節」を7年前読み直してみると、ただのチンピラの話にガックリ。
   

 しかも逗子強度資料館の係の人にいわせると、
 「あれは亡くなった弟さん(俳優)の大学のボクシング部にいた伝説的な不良の話を聞いて、ほとんど想像で書かれた話。湘南の若者の実像ではありません」とのこと。
 なーんだ。
 当時の選考委員はそんな与太話を真に受けて賞をやったのかい。

桜山側を見る    

 まあ長年生きていると、こういうこともあるよ。(長生きはするものである?)
   

 「限りなく湘南ボーイに近い男」を自認していた当方にとっては、はなはだ片腹痛いものがあります。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1288-ca55c5cb