滝の川せせらぎ緑道は第二京浜の手前で終わります。
 ここには境橋が架かっていたのですが、今は石柱が残るのみ。

 境橋の石柱   

 そのとなりが反町(たんまち)公園。
 遊具もなく、何の変哲もない公園ですが、どこか由緒ありげな風情。

入口    

 調べてみると、このあたりは江戸時代神奈川宿、昭和初期になると青木町遊郭となって栄えていたそうです。
   

 1945年5月横浜大空襲によって遊郭が焼失。戦後は占領軍により接収されました。
 接収が解除されたあと、1949年(3月15日~6月15日)「日本貿易博覧会」の第二会場(神奈川会場)となり、閉会後、跡地は横浜市役所市庁舎となりました。

 公園内   

 1959年市庁舎は関内に移転し、1963年跡地に「反町公園」が開設されました。
 開園当初はジェットコースター、プール、ゴーカート場などが設置され、公園というより遊園地という感じでしたが、徐々に撤去され、現在の公園になりました。(Wikipedia)

 裸婦のブロンズ像    

 おどろきました。ここが横浜市役所だったとは。
   

 南のほうの広場では太極拳をされているお年寄り姿が。

太極拳①    

 なかなか決まっています。

太極拳②    

 この公園は横浜の歴史とともに歩んできたといえましょう。
 お年寄りが太極拳をやるのにまさにうってつけ。励みなされやー。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1275-b963c3db