東横フラワー緑道の途中にある平川町公園から、また別の遊歩道が続いています。
 これが「滝の川せせらぎ緑道」

 平川町公園から東神奈川方向へ   

 ここは以前、滝の川という小さな川が流れていたのですが、都市化によって水質が悪くなり、満潮時には海水が逆流して濁水するので、暗渠にしてその上を遊歩道にしました。
       
 入口にはお椀を伏せたようなオブジェ?
 これは水の噴き出し口。下を流れるドブ川(?)とちがって、下水処理場で浄化された水だそうです。

 水の吹き出し口  

 水はチョロチョロと水路を流れ、

 水のせせらぎ  

 取水口に流れて行きます。この取水口もト音記号に似た面白い形。

 取水口  

 さらに遊歩道は続き、

 遊歩道が続く  

 道路と交差するところでは橋の欄干がそのまま残されています。
 改めて、以前は川であったと思い知らされます。

 橋の欄干がそのまま

 路面に描かれた亀のタイル画。
 これは近くの慶雲寺に伝わる浦島伝説に因んだもの。(以前にも述べたので割愛)

 亀のタイル絵   

 この道はやはり近所の人が散歩するのに適した道。
 とくに今の季節は涼しくてありがたい。
  

 ただし地方の人間がわざわざ途中下車して寄るほどのところではなく、旧東海道散策のついでに寄ればいいのでは。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1274-a2ca6954