エリスマン邸とは離れたところにあるイタリア山庭園。
 ここにはふたつの西洋館があります。
  

 まず「外交官の家」
 この建物は横浜にあったのではなく、明治政府の外交官・内田定槌の邸宅として明治43年(1910)東京都渋谷区南平台に建てられたもの。平成9年(1997)に移築復元されました。

 裏庭から見た外交官の家   

 裏の庭園から見た建物の姿が素晴らしい。

 ステンドグラス①  

 おや?
 なかなかシャレたステンドグラスです。

 ステンドグラス②  

 これまで何回も訪れているのに、ステンドグラスを見たのは初めて。

 ステンドグラス③  

 ここはハロウィンやクリスマスなどの期間、館内にはいろんなデコレーションが施され、大勢の人で賑わうのですが、なにもないこの時期だからこそ気がついた?

 その向かいにある「ブラフ18番館」
 ここは関東大震災後に山手町45番地に建てられた外国人住宅で、戦後はカトリック山手教会の司祭館として使われていましたが、平成5年(1993)現在地に移築復元されました。

ブラフ18番舘    

 この建物は(悪いけど)「外交官の家」のついでに寄る、という感じでしたが、今回はじっくり拝見しました。なかなか味わいのある建物です。

居間とサンルーム   

 これもこの時期ならではのおかげ?

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1259-5cf4959a