2016.06.29 睡蓮の句

 このところ睡蓮の句をつくろうとして、池のあるところについ目が行ってしまいますが、睡蓮を見ればつくれるというものではない。
 私の場合、数多くの例句を見て、そこからヒントを得ることが多いのです。

池の睡蓮    

 そこで<七月の季語別俳句>を引いてみると、例句が300ほどありました。そのなかから気になった句をピックアップすると、
   

 ①睡蓮や傘傾けてすれ違ふ
 ②睡蓮の池とも別れ柩行く
 ③睡蓮とわが傘を打つ雨の音
 ④睡蓮や老いも若きも腰おろす
 ⑤四阿に睡蓮の夜を過ごしをり
 ⑥紅睡蓮閉ぢ密会の刻迫る
 ⑦弟を待たせ睡蓮ひと巡り
 ⑧睡蓮やベンチ先客二人ゐて
 ⑨睡蓮やクラリネットを吹く少女
 ⑩支那鉢も咲く睡蓮も師の形見
    

 ②は小津安二郎の映画を思わせます。
 ⑥の句は意味深ですなあ。しかし当方には無縁の句。
    

 ⑨の句からすぐ浮かんだ句は
 「睡蓮やテナーサックス吹く男」
 

 これは睡蓮の咲く本牧市民公園で男がサックスの練習をしていたからですが、楽器と人物を変えたので本歌取り。パクリではありません。

 本牧市民公園にて   

 例句のなかにはモネの「睡蓮」にちなんだ句が多かったけど、「モネ」の名を出した句は最初から除外しました。
 「モネ」の名を出せばイメージが限定されるし、それでわからせようとするのは表現として浅ましいから。
   

 当方もモネの絵を意識して、
 「睡蓮やクロワッサンとカフェオーレ」
   
 決していい句ではないけど、モネの世界観は伝わってくるでしょう。
       
 カフェオーレは好きではないけど、モネの絵には合うのではないかと、
 「睡蓮や午後はデッキでカフェオーレ」

 
という句もつくってみました。つまらん? 失礼しました。
   

 同じ意味深でも、⑤の「四阿に睡蓮の夜を過ごしをり」はいい。
 過ごしたのはひとりなのか、ふたりなのか。四阿(あずまや)が効いています。

睡蓮と四阿   

 こっちも四阿を使いたいと、何の脈絡もなくつくったのが、
 「睡蓮や四阿からのカンタータ」
   
 カフェオーレと音楽しか能はないのかッ。
 もう少し練り直す必要があります。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1243-56543282