さいたま市と越谷市を結ぶ国道463号越谷浦和バイパスにかかる新見沼大橋有料道路。
 これは国道463号の渋滞緩和のためにつくられた道路ですが、自転車でも渡れるというので、行ってみました。

料金所    

 有料道路の長さは約1.4km。うち約1.1kmが新見沼大橋。
 料金所はごくふつう。しかし端に自転車・歩行者用の道路があります。
 車の通行量は150円ですが、自転車は20円。(歩行者は無料)

自転車用料金所    

 料金入れに20円を入れました。(自己申請)ズルしてはいかんよ。

20円を入れる    

 道路に出てみるとスイスイ進む。
 20円払っているという優越感(?)からか、自転車道を我が物顔で。「どうだ」といわんばかり。

 有料道路を走る    

 しかし「せっかく20円払っているのだから、アッという間に通り過ぎるのも惜しい」という気になり、今度はわざとゆっくり走り、ときどきは止めて、景色を眺めました。

端から見る芝川     

 下を流れるのは芝川。

端から見る見沼の田畑①    

 そして見沼の田畑。
 自転車・歩行者道路は道路の端だから、ゆっくり景色が眺められるというわけで、車の人はひたすら前方見て走るのみ。それもアッという間。ご苦労さん。

端から見る見沼の田畑②    

 さいたま市というのは「大都会」ですが、このあたりはまったくの田園風景。わが家の近辺より田舎だぞ。

道路の終わり    

 そんなことを考えているうちに、道路は終わりました。
 20円の価値はじゅうぶんあり。自転車・歩行者道路でよかったなあ。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1241-8d142c80