2016.06.26 睡蓮を求めて

 来月の兼題は「睡蓮」
 「スイレンって伊佐沼に咲く花でしょ」
 といったら、「あれはハスです」
 どうもスイレンとハスとは違うらしい。
 助手の先生にいわせると、「蓮は水面より上に咲くのに対し、睡蓮は水面に咲きます」
 ついでにいうと、花だけではなく葉の位置も花と同じ。
  

 花には疎い当方ですが、モネの絵で「睡蓮」があったのは覚えています。
 ネットで調べて確認しました。なるほど、これが睡蓮か。
   

 川越の友に聞いてみると、
 「睡蓮の句はつくったことはないけど、例句にはモネの絵を題材にしたのが多いねえ。睡蓮そのものは縁先の水鉢に咲いてるのを見ることがあるよ」
   

 彼の話を聞いているうち、ふと思い出したのが彩翔亭の池。
 あそこに咲いていたのが睡蓮ではなかったか。
   

 そこで一昨日(06/24)彩翔亭に行ってきました。
 彩翔亭とは所沢航空公園のなかにある和風庭園。
 今の時期は紫陽花を見る人で多くなりますが、当方はそんなものには目もくれず、まっすぐに池へ。やっぱり咲いてた、白い睡蓮の花が。

 彩翔亭の睡蓮   

 しかし、これで句がつくれるのか。
 なにも浮かんでこない。引っ掛かりさえ出てこない。

睡蓮   

 仕方なく睡蓮の写真を川越の友に送ると、翌日
 「いい写真じゃないですか。私が浮かんだのは、
   

 亀浮いて睡蓮見上げる昼下がり
  

 京一郎さんなら、これよりもずっと素晴らしい句を創り出されるのでありましょう」
        
 
そういわれてもまったく出てこないぞ。
   

 そこで過去に撮った写真を外付けHDDから掘り起こしてみました。
 池の写真で5~6月ごろに撮ったもの。

 横浜三溪園は何度も行ってるけど、この時期は行ってない。残念。
 しかし、その裏の本牧市民公園は……、これ、睡蓮ではないの?

本牧市民公園の睡蓮    

 拡大してみると、やはり睡蓮。(4年前の5月です)
  

 さらに鎌倉の長谷寺(4年前の6月)

長谷寺(池にご注目あれ) 

 調布の神代植物公園内の温室に。(3年前の5月)

神代植物園の温室     

 写真は取り出したものの、句は相変わらず出てこない。

温室の睡蓮

 しょうがないから「亀浮いて~」でお茶を濁すかな。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1240-c38512bd