2016.06.23 旧山崎家別邸

 仲町の山崎美術館からさらに東に入ったところに「旧山崎家別邸」があります。
 ここは川越の老舗菓子屋「亀屋」の五代目・山崎嘉七氏の隠居所として大正14年(1925)に建てられたもの。

 山崎家別邸・内玄関   

 敷地面積は約2,300㎡、母屋は和洋折衷建築で延べ床面積250㎡。
 母屋の南側には和洋庭園が広がり、庭の東側には茶室があります。
   

 特筆すべきはパンフレットの表紙にもなっているステンドグラス。
 これは階段の踊り場に設えてありますが、階段は立ち入り禁止なので、こんな角度から。
 それでもなかなかの風情が感じられます。

 階段のステンドグラス   

 他には客間(洋室)の窓にも設えてありますが、迫力不足。

客間(洋室)   

 客間は和室もあります。これもなかなかのもの。

客間(和室)   

 サンルームからは庭と茶室が眺められます。

 サンルームから見る庭と茶室  

 庭も和洋折衷。

主庭    

 客間(洋室)の外のベランダ。ここにテーブルを置いてビールでも飲みたいぞ。

ベランダ 

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1237-c508d5fe