紫陽花のスタンプラリーで得られた特典。
 せっかくなので、これで「ワンデーパスポート」なるものを購入しました。

アクアミュージアムの屋上から見る八景島の景色   

 水族館(今はアクアミュージアム)を含めた八景島シーパラダイスがオープンしたのは、今から23年前の1993年5月8日。
 水族館にはその年の夏に入ったことがありますが、エスカレーター自体が水槽のなかにあり、それを降りた(?)目の前に巨大な水槽があって、大きな魚が悠然と泳いでいるのに度肝を抜かしたことがあります。

水槽    

 記憶というのはいい加減なもので、エスカレーターは下りではなく上り。
 それでも巨大な水槽であることには違いなく、改めて圧倒されます。

セイウチの水槽    

 水族館に関しては3ヵ月前に「江ノ島水族館」へ行ってきたばかりなので、「またか」と思われるかもしれませんが、敢えて印象に残った海の生物たちを。
 クラゲはいろんな種類があり、いつ見ても楽しい。(↓)

クラゲ    

 ウミガメ。その巨大さには改めて驚かされます。(↓)

 ウミガメ   

 ウツボ。かなり凶暴な魚のようです。(↓)

ウツボ    

 ハマクマノミ。浅いサンゴ礁域に生息し、大型のイソギンチャクと共生する魚です。(↓)

ハマクマノミ    

 おなじみイルカショーでのジャンプ。(↓)

 イルカのジャンプ   

 シロイルカ。愛嬌があります(↓)

イルカショー   

 ショーのあと、ジンベエザメが悠然と泳ぐ姿を間近で見ることができます。
 サメのなかでも巨大なサメで、全体の模様が甚平(衣服)の柄に似ていることから名づけられました。

ジンベエザメ 

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1231-07f56a68