この時期、紫陽花の名所といえば、鎌倉の古刹には到底かなわないものの、川越にも小規模ながら紫陽花を見せてくれるところがある。
 そのひとつが中院。

紫陽花の小径     

 喜多院からは少し離れていて、地味なところではありますが、春は桜、秋は紅葉と四季折々の表情を見せてくれます。
 今の時期は紫陽花ですが、ここは白い柏葉紫陽花。

柏葉紫陽花  

 柏葉紫陽花は球状に咲くふつうのアジサイと違って円錐状(花の構造はアジサイだそうです)。
葉っぱが柏の葉に似ているところからこの名がつけられたとのこと。
   

 その柏葉紫陽花は境内の一隅「紫陽花の小径」(?)にちょろり。
 「なんだ、このショボい咲き方は。紫陽花の名所が聞いてあきれるぞ」
 最初のころはそう思っていたのですが、最近は「これでいいのかな」と思うようになりました。

ふつうの紫陽花もあり   

 この慎ましやかな咲き方がいい。
  

 やはり腐っても鯛、しょぼくても中院。
   

 ちなみにふつうの紫陽花は駐車場の塀際に咲いていましたが、みんな一顧だにしない。
 私もこれを「紫陽花の名所」とは認め難い。

駐車場の紫陽花   

 哀れ紫陽花、無駄に美しく咲いて。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1227-00a524e8