園芸植物園から見沼代用水路を挟んだ向かいに大崎公園があります。
 広さ3.9ha。

芝生公園    

 芝生広場があって、花時計があって、「宇宙ステーション」なる子ども向けの遊具もある。

 花時計   

 ここまではフツ―(?)の公園ですが、なんとここには動物園がある。

遊具     

 動物園といっても「こども動物園」。
 レッサーパンダ、アメリカアカリス、チリーフラミンゴ、羊、ニホンジカ、鶴、など約45種類の動物たちが飼育されています。これはなかなか立派なものではないか。

橋を渡るとこども動物園     

 私は「こども」ではないけど(ジジイだ)、動物園に入らせていただきました。
   

 カピバラはネズミの仲間(齧歯目)のなかで一番大きくなる種類。平均40~50㎏。大きいものだと60~70㎏もあるというからおどろきます。

 カピバラ    

 ニホンジカ。
 説明によると、「ニホンジカは日本固有種ではなく、中国、台湾の沿岸地域にも生息している。地域によって大きさが違う」とのこと。

ニホンジカ     

 レッサーパンダ。食肉目。アライグマ科。
 「暑さに弱いため、暑い日、悪天候の時はみられない場合があります」
 とのことですが、この日は運よく(?)見られました。

レッサーパンダ     

 いろいろと勉強になります。
 なによりも無料というのがありがたい。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1220-3f267f19