すっかり植物園づいてしまいましたが、その流れ(?)で行ってきたのがさいたま市緑区にある園芸植物園。

 園芸植物園・入口   

 園芸というだけあって、庭園を基調とした植物配置ですが、はっきりいって地味。
 そのため訪れる人は少ない。(アクセスの悪さも原因ですが)
   

 今は紫陽花のシーズン。あじさい通りには色とりどりの紫陽花が咲いています。

あじさい通り   

 バラはそろそろ終わりかけですが、この日(06/03)は辛うじて間に合いました。

ローズガーデン    

 ここの見どころは温室らしい。
 なるほど天井が高く、大きな熱帯植物も楽に栽培されています。

温室の天井   

 上を見上げるだけでなく、ちょっと高いところから見下ろせるのもいい。

温室   

 小温室には洋ランの展示もあります。

洋ランエリア    

 花に関しては門外漢の当方ですが、他の花と違って、ひときわ鮮やかで気品があるのが感じられます。

洋ラン 

 オマケは温室内に飼われていたスカーレットマコウ(和名・コンゴウインコ)。
 メキシコ南部からパナマに生息する鳥で、「ワシントン条約一種」にされているとのこと。

スカーレットマコウ   

 指を出すと噛みつかれることもあるからご用心。(注意書き)

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1219-bceab712