平成の森公園の日本一とはバラのトンネルの長さ。
 ここの「バラの小径」は、約60品種、474本のツルバラが植えられ、全長340.5m。
バラのトンネル① 
 これが平成18年(2006)に「日本一の長いバラのトンネル」(日本一ネット)にとして認定されました。
 入口に認定証が掲げられています。
認定証 
 「これが日本一? そんな気はあまりしないけどなあ」
 とほざいていた若者、しっかり見ろよ。
バラのトンネル② 
 赤、ピンク、白、黄色……数種類のバラがあちこちにビッシリ。
 バラ園①  
 「まあ、きれいなこと」
 オバサマたちは携帯でパチリ。 あちこちに大きなカメラを持ったおじさんも。
バラ園② 
 トンネルのなかだけではなく、周辺には109本の木バラが植えられているそうで、これも見事。
トンネルの外側① 
 このトンネルはひょうたん型になっていて、ふたつの中庭から見る景色も素晴らしい。
 トンネルの外側のバラも見事です。
トンネルの外側② 
 バラ越しに見る中庭も風情があります。
バラ越しに見る中庭   
 この「バラの小径」は、かわじま合併50周年記念事業として平成18年1月に完成しました。
中庭から 
 しかし長けりゃいいってものではない。
 造園のセンスを考えれば、横浜の「イングリッシュガーデン(YEG)」のほうが上かな。
バラのトンネル③ 
 とはいえここは無料なのがありがたい。(YEGは500円)
 電車賃もかからないし。(世知辛い話でスミマセン)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1205-32c6b5ca