富士見市の北にある「びん沼自然公園」
 ここは荒川の支流であるびん沼川の蛇行を利用して平成14年(2002)オープンしました。
 総面積は約5.7ha。その半分近くが葦の茂る湿地です。

公園    

 公園のほぼ中央部分に見晴らしデッキがありますが、ここからは湿地帯がよく見えます。
 ここからは富士山が見えるらしいけど、富士山の方向は木で遮られて見えないぞ。

 見晴らしデッキ   

 足元を見ると、芝生を刈り込む人が……。
 よく手入れされています。
 (公園は一日にして成らず)

左は葦の湿地帯     

 湿地帯や芝生にいてもしょうがないので、森林の間を徘徊。

デッキから見た公園     

 この公園、子どもが遊ぶ遊具は一切なく、子どもが騒ぐ姿は見られません。
 このように子どもに迎合しない公園があってもいい。

遊歩道    

 新緑を満喫しました。

森林  

 新緑や冥途の路でひと休み

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1203-59ba0c9e