水族館がまたブームだそうで、新江ノ島水族館をご報告。

サンゴやフジツボ 

 同館の特徴は巨大な相模湾大水槽。
 これは相模湾に限りなく近い環境の水槽のなかに8000尾のマイワシを放流。そのダイナミックな群泳ぶりには目を見張るものがあります。

イワシの群れ①   

 さらに大きな魚がそれを餌にしようと追いかける。
 イワシは群れを成して逃げる。そのなかに大きな魚が突っ込む……。

イワシの群れ②   

 こんな光景が目の前で繰り広げられます。なんという迫力。

イワシの群れにマグロが突っ込む  

 そして大きなサメが悠々と。

サメ   

 ここでは自然の摂理がリアルに理解できるようになっている。

 マグロ  

 もちろんフグも。

フグ 

 クラゲも人気があります。
 これはパシフィックシーネットル。
 鮮やかな橙色ですが、これは薄い表皮の色で、その下の中身は透き通った無色透明とか。

パシフィックシーネットル 

 赤いけど、ブラックシーネットル。最長6mにもなるそうです。

 ブラックシーネットル  

 ブルージェリー。
 ピョコピョコ、ポヨヨン、ピョ、ピョコピョコピョコ……動くのは楽しいことだと、教えてくれている。(原文ママ)

ブルージェリー   

 どの水槽も見ていて飽きない。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1180-8bc1e9f8