赤レンガ倉庫の新港パーク側に「旧横浜港駅プラットホーム」(Old Platform of "Yokohama Minato" Station)というものがあります。
木の向こうがプラットホーム   
 説明書きによると、この駅は明治44年(1911)横浜税関構内の荷扱所としてつくられ、大正9年(1920)『横浜港駅』となり、東京駅から初の汽船連絡列車が乗り入れ、『岸壁列車』などと呼ばれて親しまれたそうです。
        
 この辺りは貨物船から荷の上げ下ろし、輸送をはかるための鉄道が張り巡らされていましたが、旅客のためにも使われていたとは……。
      
 この駅舎は関東大震災で倒壊しましたが、昭和年2年(1927)に復興し、翌年にはプラットホームが設けられ、華やかな海外航路時代の最盛期を迎えたといいます。
 旧横浜港駅①        
 戦後は米軍に接収され、解除された後しばらく鉄道が利用された時期もありましたが、輸送手段がトラックにとって代わり、廃止になりました。
       
 廃止後は平成元年(1989)の「横浜博覧会」で、線路の残っていた横浜港駅付近の臨港線を利用してレトロ気動車を走らせたこともありますが、博覧会終了後は撤廃。
旧横浜港駅②    
 その後みなとみらい地区開発に伴い、平成8年(1996)に旧旅客ホームが復元・保存されて赤レンガパーク内に一般公開されました。
 当時は線路も残っていたようですが、今は撤去され、石畳になっています。
  
 赤レンガ倉庫は当時の建造物としての注目度は高いけど、ここはよほどの横浜通でないと気づかないかも。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1177-db1af6b0