2016.04.10 多摩湖の桜

 狭山湖の南に山口千寿観音があり、そこを下りると多摩湖に出ます。
 多摩湖は西湖と東湖に分かれていて、下りてきたところは西湖と東湖の間の堤体。これ(↓)がその景色で、右側が西湖、左側が東湖です。

上から見た東湖(左)と西湖(右) 

 地図を見ると狭山湖の南に西湖があり、その東に東湖があります。
 狭山湖に貯められた水は高低差を利用して多摩湖(西)に移動し、さらに多摩湖(東)に移動します。

 桜は堤体のたもとにちらほらと。そして西湖の取水塔の背後に。

西湖の取水塔 

 東湖の湖畔に下りてみると、これまたちらほら。どうも桜は今ひとつ。

湖畔の桜 

 そこで東湖北側のサイクリングロードを進みました。
 この道は垣根と金網に遮られて、湖の景色はほとんど見えません。わずから垣根の隙間から見るぐらい。

金網越しに見る多摩湖 

 東側の堤体に着きましたが、うーん、桜は今ひとつ。

桜越しに見る取水塔 

 あることはあるのですが、湖とは反対側。
 堤体の裏側の低地にある狭山公園の桜です。これが多摩湖の桜になるのか。

堤体から見る桜 

 堤体をバックに見る桜もなかなかのものですが……。

狭山公園 

 しだれ桜もあります。菜の花との対比も見事。

菜の花としだれ桜 

 ここにはいろんな種類の桜も植えられていて、小金井薄紅桜お嵐山なども見られました。
 これは「御車返し」

御車返し 

 高貴なお方が「もう一度見たい」と車を引き返させたから(?)。
 解釈はいかようでも。
           
 
そうそう、多摩湖といえばドーム屋根の取水塔。
 この日は絵を描く人が多かった。当然この取水塔も。しっかり描いてや。

絵を描く人 

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1163-a92a15ba