ある友人にいわせると、「桜は水辺がいいようですね」
 私もなんとなくそう思いますが、それでは「陸地」の桜があまりに可哀相。
 そこで今回はこれまで撮ってきた「陸地の桜」を取り上げます。
   

栄緑道(新座市)
   

 陸上自衛隊朝霞駐屯地の南側にある遊歩道(約700m)、約170本のソメイヨシノやシダレザクラが咲いています。

栄緑道① 

 歩道はアスファルトですが、両側に小高いグリーンベルトがあり、そこで皆さんシートを敷いてのお花見。

栄緑道② 

 なんだか近隣の人たちが自転車でワーッとやってきて、芝生でワイワイ騒いで食べ散らかす(失礼)という雰囲気だ。

栄緑道③  

 それもそのはず、ここは新座では「花見の名所」とのことで、期間中は夕方からボンボリが灯り、夜桜も楽しめるそう。ドンチャンしたい人にはうってつけ(?)。
    

入間川桜堤(川越)
       

 ひと口に「桜堤」といっても、荒川、新河岸川、入間川……など7ヵ所もあるそうですが、これは川島町との市境になっている越辺川と入間川が合流する釘無橋近辺。

入間川桜堤① 

 とにかく長い。行けども行けども桜、桜、桜……。
 しかし木と木の間隔が広いので、桜並木といってもつかみどころがない。長けりゃいいってものではない

入間川桜堤②  

 車できて、大きな桜の木の下で花見をしている若者のグループがいたけど、そんなものだろうな。

入間川桜堤③ 

 ここは河川の堤防だから、正確にいうと「水辺」のはずなんだけど、川からははるかに遠い。お年寄りには不向きです。
    

山崎公園(富士見市)
     

 困ったときは近くの山崎公園。
 四季折々の花が咲いて近隣者の目を楽しませてくれます。ここは別名「せせらぎ菖蒲園」というように、6月になると菖蒲が咲き乱れ、名所にもなっています。

菖蒲田と桜① 

 その山崎公園には「桜園」があって数種類の桜が咲き誇り、これについては「早咲きの桜」として2週間ほど前取り上げましたが、今の時期はもちろんソメイヨシノ。

菖蒲田と桜②  

 まだ準備中の菖蒲田のそばで咲いているのがなんともいいですね。
 「次はお前だぞ」といっているのかな。

横浜緋桜 

 そうそう、念願の「横浜緋桜」がもう咲いていました。
 (関内桜通りの桜も咲いているのかな?)
    

運動公園(ふじみ野市)
     

 ふじみ野市は新河岸川沿いの運動公園。
 野球場とテニスコートがあるだけの、なんの変哲もない公園ですが、ここが隠れた「桜の名所」とか。

ふじみ野運動公園① 

 なるほど、起伏に富んだ芝生に桜の木がちらほら。家族連れの花見姿も見られます。
 うーん、ふじみ野市では「大井辨天の森」と「地蔵院」(しだれ桜)には及ばないけど、「福岡中央公園」や亀久保の桜並木(大井旧庁舎前)よりはましか。

ふじみ野運動公園② 

 しかし場所は辺鄙で、交通の便も悪い。(エコパの裏)
 「桜の名所」としてはいかにも地味ですなあ。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1161-88b22fdb