柳瀬川の桜は近所なのでよく行くのですが、「高橋のさくら並木」が素晴らしいと聞いて行ってきました。

高橋の桜並木① 

 高橋といっても同じ柳瀬川。定番の「柳瀬川のさくら並木」とは東武東上線柳瀬川の駅周辺。
これに対して「高橋のさくら並木」とは、それより下流の高橋(橋の名称)周辺です。

高橋の桜並木② 

 「ほう、これは凄い!」
 柳瀬川右岸の土手に桜が見事に咲いています。
 長さはゆうに1kmを越える。(柳瀬川のさくら並木よりも長い)

高橋の桜並木③ 

 ここの桜も大井辨天の森やいろは親水公園と同じ川っぺりの桜。
 その意味では申し分ない。桜の下を歩く人々の顔も幸せそう(?)に見えます。

高橋の桜並木④ 

 しかし……。
 長けりゃいいってものではない。なんだか物足りない。

 そんなことを思いながら、どんどん上流方向に歩いて行くと、東武東上線の鉄橋。
 目の前をときどき電車が走ります。

東武東上線と桜① 

 鉄橋をくぐって向こう側に。すると……。
 土手の道路ではたこ焼きやおでんなどの屋台が並び、土手下の原っぱでは大勢の人たちがシートを拡げてお花見。

柳瀬川駅近辺① 

 昼間で、しかも家族連れが多いのでドンチャン騒ぎということはないものの、みなさん浮き浮きしておられる。
 先ほどの光景とはえらい違いだ。

柳瀬川駅近辺② 

 ここでハッと気がついた。
 この活況こそが花見の定番なのではないか。
 俗化した風景といえばそれまでだけど、花見というのはこういう要素もあってこそ。

柳瀬川駅近辺③ 

 高橋のさくら並木が今ひとつ物足りないと思ったのはこのためだったのか。
 むろん満開の桜の下をにっこり通り過ぎるだけの「花見」もあっていい。

東武東上線と桜② 

 楽しみ方は人それぞれ。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1155-a6029aa9