三浦海岸駅から1.7kmほど南下したところに白山神社があります。

白山神社・入口 鳥居

 由緒書きによると、当初は元白山宮と称し、三浦義同(よしあつ)の家臣菊名左衛門重氏の守護神だったとか。

参道 

 三浦一族は北条早雲に討ち滅ぼされたため、菊名一族も滅び、神社は荒廃しましたが、江戸時代になって村民によってこの地に再興されました。

拝殿 

 現在では海上安全・大漁満足・家内安全などの神様として信仰されています。

古墳への上り口 

 拝殿からさらに上ったところに「切妻造妻入形横穴古墳」があります。
 奥行き5.4m、幅2.7m、高さ1.7m。

石段を上る(右が古墳) 

 天井は切妻造りになっています。やはり由緒ある古墳らしい。

横穴古墳 

 ここは三浦市指定文化財になっているとか。なるほど。

古墳の内部 

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1124-3def0a9e