万国橋通りにある横浜第二合同庁舎。
 農林水産省や法務省の関連省庁の機関が入っている庁舎ですが、元は大正15年(1926)に建てられた横浜生糸検査所でした。

レンガ造りの建物 

 当時は鉄筋コンクリート4階建で屋上には噴水庭園が設けられ、市民からは「キーケン」の愛称で親しまれました。
 正面上部には蚕の成虫と菊の紋と桑の葉をあしらった紋章が設けられています。

正面(上部の紋章に注目あれ) 

 横浜生糸検査所は昭和55年(1980)に農林規格検査所に統合、平成3年(1991)には農林水産消費技術センターに改組されました。
 

 平成2年(1990)に横浜市認定歴史的建造物として認定されるも、手狭になったのと耐震性の問題から平成7年(1995)に大改築が行われました。

後ろに新館が

 その際、正面は旧生糸検査所の外観を復元し、背後に高層棟を建築しました。
 これがなかなか巧妙で、間近で見ると旧館のみが目に入って高層の新館は目に入らない。

横から見たところ 

 横からとか、遠く離れると見えますが……。

 同じような建て方をしているのが近くにある
 これは昭和4年(1929)に建てられた第一銀行横浜支店。
 太い石柱が並んだ半円形のバルコニーが特徴の古代ローマ風の建物です。

古代ローマ建築? 

 平成15年(2003)都市再生機構がこの背後に高さ119mの超高層オフィスビルを建てました。
 これが横浜アイランドタワー。

 後ろにタワーが

 そしてバルコニーのある旧第一銀行横浜支店の建物は、翌年から横浜市が管理・運営するようになり、クリエイティブ拠点になりました。

内部 

 古いものは単に壊せばいいってものではない、外見では古いものを残しつつ、実質は機能を重視する。
 これが横浜のしたたかな「都市戦略」です。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1119-23d38a92