昨日(02/19)は暖かかったのと、「河津桜が満開!」と聞いたので、三浦海岸まで行ってきました。
沿線を歩く 
 見どころは京急沿線の河津桜並木。
 約1kmほどの沿線沿いに1000本の河津桜が一斉に開花しています。
河津桜
 この河津桜は平成11年(1999)に地元の有志によって1000本の苗木を植えられたそうで、平成14年から「三浦海岸桜まつり」が行われるようになったとか。
向かい側から見た沿線の桜 
 河津桜は山崎公園(富士見市)や上福岡駅前通り(ふじみ野市)など近所でも見られるけど、一本二本では面白くない。桜は群生、それも並木になってこそ桜の価値が上がるというもの。
陸橋から見た沿線の桜 
 この河津桜というのはソメイヨシノと違ってピンクが濃い。
 これが何とも色気があります。
上から見る沿線の桜① 
 この日は暖かかったこともあって大勢の人で賑わいました。
菜の花 
 「おや?」
 足元には黄色い菜の花が。これが延々と続いてイエローベルトを形成。
河津桜(ピンク)と菜の花(黄色)の取り合わせも面白い。
菜の花と桜 分け入っても菜の花
 この桜並木上から見ても風情があります。
 「桜というものは足もとから見上げるもので上から見るものではない」と思っていたのですが、今回はその定説(?)が崩れました。
河津桜と菜の花と電車 
 線路が走っていたからでしょうか。
上から見る沿線の桜② 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1113-c4bbd015