川越の住民が自慢するのは、蔵通り一番街や喜多院ではなくて、川越駅(東口)から北に延びる約1.2kmのクレアモール商店街。
 道幅は狭いけど、商店街がビッシリ。原宿の竹下通りとはいかないまでも若者向けの店が多いように見受けました。
商店街 
 その商店街のイルミネーション。
ゲート 
 イルミネーションの中心は通りの中ほどにあるクレアパーク。

 カボチャの馬車やトナカイ。なかにはクリスマスツリーらしきイルミネーションも。
カボチャの馬車 
 ハロウィンやクリスマスはとっくに終わっているけど、そんなことに関係ないのが川越流(?)らしい。
トナカイ 
 この商店街の歴史は古く、川越駅と市役所を結ぶ連絡道路(西町通り)だったのですが、丸広百貨店がここに本店を移して(昭和39年=1964)から、急速に賑わうようになりました。
 人の通行量は埼玉県では1位とか。
クリスマスツリー? 
 そういえば20年ほど前、風俗(出張ヘルス)の取材で接客嬢に「川越のいいところは?」と聞いたら、「クレアモール」と答えました。喜多院は行ったことないとか。
 思わず、「キミ、本当に川越出身なの?」と聞いてしまいました。(余計なお世話でした)
木の枝にも 
 イルミネーションも規模やセンスでは東京や横浜には及ばないけど、川越は川越なりに頑張っているぞ。「日本の頑張る商店街77選」にも選ばれているそうな。

 オマケは蔵造り一番街のイルミネーション。
蔵通り一番街 
 こちらのほうがよかったかな。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1085-c5cea92d