川越大師(喜多院)の北に隣接したところに成田山川越別院(本行院)があります。
 真言宗智山派の寺院で、通称は川越不動。本尊は不動明王。
山門 
 成田山の別院だというのに、初詣客はかなりしょぼい。
 本家の成田山(千葉)は明治神宮に次いで初詣客の多いところなのに。
参拝風景 
 それよりも興味を引いたのが「四国88ヶ所お砂踏み」
 これは四国88ヶ所の寺(ご本尊)を刻んだ石柱の足元に砂が埋め込まれてあり、ここを踏みながらお参りすると四国遍路をしたのと同じご利益が得られるというもの。
四国88ヶ所霊場お砂踏み① 
 そんな虫のいいお遍路などあるものか。
 といったって、これでお遍路した気になれば、それでいいんじゃないの。
 
 現に熱心にお参りしている方がおられました。
 それも石柱に手をついたり、前で手を合わせ熱心にお祈りしたり、お参りの仕方は人それぞれ。
四国88ヶ所霊場お砂踏み② 
 よく見ると裏にもご本尊が。ということはこの柱は44本あるのか。
 それに砂はガラスプレートのなかに入っています。ありがたや。
裏側も……
 なにを信じるかは人の勝手。イワシの頭も信心から、といいますから。

 本堂の右側は通称「亀の池」
 不動明王の石像があり、亀がいっぱいいます。

 そのとき、
 ゴトッ、ゴトッ、ジャラジャラ~。
 と異様な物音。
亀の池では坊さんが… 
 見ると、作務衣姿の若い僧侶が賽銭箱から青い箱に硬貨(?)を移してました。
 この日は4日だったから三が日のお布施を集めたのかもしれないけど、こんなこと閉めてからやれよなあ。

 せっかく「イワシの頭も~」と肩を持ってやったのに、これじゃ興醒めだよ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1068-4887f702