昨日(01/04)は川越大師へ行ってきました。 
 「3日から『だるま納め』が始まるから、混むと思って2日に行ったけど、いやあ混んでた」
 と川越の友人がいうので、行ってみたくなりました。
 だるま納め?

 着いたのは午後3時過ぎ。
 境内は大勢の人、人、人。三が日は過ぎたというのに。
長蛇の列① 
 川越大師、別名喜多院。 正式名は星野山(せいやさん)無量寿寺。
 天台宗のお寺で、慈恵大師(元三大師)が祀られています。
 建物の大半は重要文化財に指定されています。客殿には春日局の化粧の間や、徳川家光誕生の間などがあり、また境内には五百羅漢などもあり、川越では一大観光スポットです。
長蛇の列② 
 というわけで、参拝所は長蛇の列。横10人が100列として、ざっと1000人? 
 それも次から次に人が並ぶので、列が減らない。おどろきました。
参拝の光景 
 実はここ、3年前の元日にきたことがあるけど、早い時間帯でもけっこう混んでいて、参拝には並びました。それでもこれほどではなかった・
おみくじを受け取る人たち 
 私はすでに瀬戸神社で初詣は済んでいるので、わざわざ並ぶことはせず、境内から拝殿に向かって手を合わせただけ。(どこだってこれでじゅうぶんなのですが)
 あとは参拝者の様子をパチリ。
屋台  
 ところで、友人のいっていた「だるま納め」とは。
 ありました。喜多院の脇にだるま納め所。
 どうやら用済みのだるまの捨て所らしい。(念願叶ってけっこうなことではありますが)
だるま納め所  
 なかを見るとおびただしい数のだるまがびっしり。
 それも大きいだるまの隙間に小さいだるまが埋め込まれていて、まるでお城の石垣(?)のよう。
 しかも赤だけではなく、ピンクや緑、白、金色……など、色とりどり。
納められただるま① 納められただるま②
 金色のだるまが本物だったら、こんなところに捨てられてはいないけど。
お札も納められていました  
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1067-43439703