正月の2日、3日は恒例の「箱根駅伝」を観ました。
 毎年これを観ないと正月を迎えた気がしない。(従って出かけるのは元日)

 往路(01/02)往路は最初から青山学院がトップに躍り出て、終始リード。
 それより私が注目したのは初出場の東京国際大学。
 ここは川越の友の家の近くにあるので、彼が応援している大学。
 「強豪ぞろいだから後半は繰り上げスタートになると思うよ」
東京国際大学 
 私も初雁橋へ行ったとき、ここに寄って学食で定食を食べただけに、多少の愛着はあります。
 東京国際大学は決して遅くはない。往路では12位。
 よく健闘したけど、青学のペースがあまりに早いため、10分以上の差をつけられ、翌日は繰り上げスタートに。
6区・青山学院は終始トップ 6区・山下り
 復路(01/03)はやはり青学が独走。6区(山下り)、7区も快調に飛ばしました。
 おおーッと、7区で上武大の田中(1年)の走りがおかしい。前後左右にふらつき、今にも倒れそう。おっとっと、危ないぞ。
7区・上武大フラフラ 
 それでもようやく平塚中継所に着いたものの、先頭から20分経過したため、次(8区)の走者は繰り上げスタートしたあと。
平塚中継所に着いたものの 
 この繰り上げスタートは戸塚中継所(8区→9区)では5校が、鶴見中継所では8校が繰り上げスタートになりました。
戸塚中継所でも繰り上げスタート 
 とくに鶴見中継所では神奈川大の9区走者がすぐ近くまできているのに、目前で繰り上げスタートされるという場面が見られました。
 鶴見中継所では前のランナーがきているのに 中継所まできたものの
 ちょっぴり可哀そうだけど、見る側からすればこれも面白い(?)。
 (人の不幸を面白がるとは何たる不心得者。バチが当たるぞ)

 この繰り上げタスキ、白と黄色の縞模様でなんとも味気ない。
 これを肩にかけて次の走者に渡すのでは、モチベーションが上がるのかどうか。
 とはいえ、こういう悔しさを味わった選手は必ず強くなります。
優勝は青山学院 
 優勝は昨年に引き続いて青山学院。1区から10区まで首位を守り抜いた完全優勝です。
 総合タイムは10時間53分25秒。2位東洋大、3位駒大。
最後のランナー上武大 
 注目していた東京国際大学は17位。
 来年のシード権は取れなかったけど、予選を勝ち抜く力はあると見ました。
 来年の活躍が楽しみです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1066-0751718b