明けましておめでとうございます。
 今、金沢八景にきております。
 先ほどまで近くの瀬戸神社で初詣をすませてきました。
 朝からよく晴れて早い時間帯なのに参拝客はけっこう多い。
初詣客でにぎわう瀬戸神社 
 「今日は暖かくてよかったねえ」
 「去年は雪だったものなあ」
 「しかし、懐はちっとも暖かくないぞ」
 「はははは。それはあんたの心がけが悪いからだ」
 オジサンたちの間でそんな会話が交わされております。
参拝の行列 
 「おう、これからどうする?」
 「シーパラ行くか、それとも中華街か」
 「中華街がいいな」
 これは若者のグループ。遊びに行く前でも一応初詣はするらしい。
参拝客 
 この辺りは昔は入り江で、狭い水路が平潟湾につながっており、海神が祀られていたそうです。
 治承4年(1180)源頼朝は伊豆で挙兵した際、加護をもらった伊豆三島明神をここに勧請し、社殿を建立しました。これが瀬戸神社の創建です。
拝殿前 
 その後、この地は港町として発展し、関東一円の水上物流の集散地となったので、金沢北条氏や足利氏、小田原北条氏もしばしば当社に参拝したそうです。
破魔矢を買う人
 「おや!」
 本殿の奥、崖の下に小さな祠があります。
 近寄ってみると小さなお稲荷さん。
 考えてみたらこのお稲荷さんに初詣すればよかったのだ。並ばなくてもいいし。
崖下に祠が(右) お稲荷さん
 今年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1063-59f82d8c