年末恒例(?)の在庫一掃セール。今回はいよいよ横浜編。

クイーンズスクウェア通路
 臨港パーク周辺から汽車道に向かうとき、ときどき通過するところですが、写真を撮ったのは初めて。外の桜通りとはまた違って新鮮な風景です。
通路 通路から見る外の景色
横浜美術館の脇のブロンズ像
 「平和の若い騎手」(ヴェナンツォ・クロチェッティ作)。
 タイトルを見ると「なるほど」と思ってしまうから不思議。
ブロンズ像「平和の若い騎手」 
Tvk住宅展示場
 横浜・西平沼町(横浜駅から南西に約1.5㎞)にある住宅展示場。広い敷地に61棟(建設中を含む)が展示されていて、ここだけで一種のテーマパークです。
 イングリッシュガーデンはこの奥。
住宅展示場① 住宅展示場②
洪福寺界隈
 洪福寺は敷地がコンクリートの無味乾燥なお寺ですが、興味深いのはその界隈。
 カフェー神社。ここでいうカフェーとは(喫茶店ではなく)風俗産業。
 横浜の事情通の話では、その名残りの建物が民間アパートになっているところがある。これがそれらしいというのですが……。(ここはディープスポット向き?)
洪福寺 カフェー神社 謎のアパート
霞橋
 藤棚浦舟通のバス停久保山にかかるアーチ状の橋。
 この橋は「かながわの橋100選」にも選ばれていますが、橋から見るバス停周辺の景色も風情があります。トイレも当時としてはモダンなものだったと思われます。
霞橋 霞橋から見たバス停周辺
馬車道駅
 地下鉄みなとみらい線は新しくできただけに各駅工夫が凝らされています。
 馬車道駅もそのひとつ。壁面がレンガ造りで明治初期の雰囲気があり、なかなかの風情です。
馬車道駅① 馬車道駅②
郵船会館裏
 日本郵船のビルの脇から入ると運河に出ます。対岸に赤レンガパークが見えます。
 裏はレストラン。昼前だったけど、比較的リーズナブルな店らしい。
郵船会館裏① 郵船会館裏②
山手・謎の洋館
 湊の見える丘公園から外国人墓地に向かう途中にある謎の洋館。
 おそらく個人宅で、人が住んでいると思われるけど、寂れ具合が気になります。
謎の洋館 
ジェラール水屋敷
 市営プールを含む元町公園一帯は明治初期フランスの実業家ジェラールの工場があった場所。
 ジェラールはここの豊富な湧水を水道で引き、外国船に飲料水として販売、その品質の良さで好評を博しました。ジェラールはまた同地で西洋瓦をも製造して財を成しました。
 元町公園の下に当時の地下貯水槽があり、人々はこれを「ジェラールの水屋敷」と呼びました。
貯水槽跡① 貯水槽跡②
横浜スタジアム
 横浜公園内にある横浜スタジアム。
 今年のDeNAベイスターズは集客には成功したけど、成績はさっぱり。
 来年こそは3位以内に入ってくれよなあ。
横浜スタジアム 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1059-7f5b0d5b