元町から港の見える丘公園に上る谷戸坂の向こう側(東側)は山になっていて、木々が茂っています。これがフランス山。
フランス山広場 
 フランス山は幕末から明治初期にかけてフランス軍が駐屯したところですが、明治8年(1875)フランス軍が撤退したのち、明治29年(1896)フランス領事館が建てられました。
 
 しかしその領事館は大正12年(1923)の関東大震災で倒壊。
 震災後、昭和5年(1930)に、スイス人建築家マックス・ヒンデルの設計による領事官邸が、旧領事官邸跡に再建されました。
領事館跡① 

 解説板によると、1階部分はコンクリート造り、2階3階は木造という3階建だった。その領事官邸は昭和22年(1947)不審火で焼失してしまいました。

領事館跡②

  その後横浜市がフランス政府からフランス山を購入、公園として整備し、昭和47年(1972)に港の見える丘公園のフランス山区域としてオープンしました。

湊の見える丘公園に続くデッキ  

 その後横浜市がフランス政府からフランス山を購入、公園として整備し、昭和47年(1972)に港の見える丘公園のフランス山区域としてオープンしました。

井戸跡  

 さらに平成14年から平成16年にかけて再整備が行われた際、明治期の史跡が工事の際に発掘され、それらをもとに井戸や風車が再現されました。
 この風車は水を汲み上げる動力に利用されました。

風車 

 またここに「愛の母子像」があります。
 「昭和52年(1977)9月27日、横浜市緑区荏田町(現青葉区荏田北)に米軍機が墜落し、市民3人(母と幼い子ふたり)がなくなりました。生前に海が見たいと願っていたことから、この公園に愛の母子像の寄付を受け、設置したものです」(解説板)

愛の母子像 

 ううッ、哀しい。
 今日はクリスマスだというのに。(オスプレイ、心配だ)

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1056-dddab0d6