2015.12.21 師走の多聞院
 多福寺から南西に約600m行ったところに多聞院(所沢市)があります。
 真言宗豊山派の寺で、山号は宝塔山、寺号は吉祥寺。本尊は大日如来。
渡り廊下と地蔵  
 おッ、なんだ、境内の柿のたわわなるは!
 柿に関しては川越の友人が名句を詠んだのですが、人の句なので発表することは控えます。
境内の柿
 川越藩主柳沢吉保は元禄9年(1696)このあたりを開村した際、村民のために祈願所として毘沙門社(多聞院)を創建しました。
 この毘沙門堂には武田信玄の守護神である金の毘沙門天(高さ4cm)が祀られているそうですが、真偽のほどはわかりません。
狛寅と毘沙門堂 
 ここは多福寺と比べると参拝者が多く、お札やおみくじなど今から用意されて、初詣客への準備はおさおさ怠りない。商魂逞しいというべきか。
初詣の準備? 
 もっともここには稲荷神社もあるので、一応伏見稲荷に行ったご利益にあずかれる?
稲荷神社 
 しかしここの強みは、なんといっても富士山。
 多聞院から少し南東に下り、道路の右側(南西)を見ると、畑の向こうに富士山が見えます。
富士山 
 この日は上空に数多くのカラスが舞っていました。
 それもよし。初詣はやはり多門院に限るわい。
富士山とカラス 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1052-6a71742e