愛用していた「さくらBakery」が明日(12/18)で閉店することになりました。
 当地にはパンの老舗「銀座木村屋」の工場があり、同店はその直営店。
 工場直営というだけあって、毎朝格安のパンが売り出されるので、地元では人気がありました。
閉店の知らせ 
 5年前、ここにきた当初は開店(10時)前になると長蛇の列でした。
 3斤分の長い食パンが200円で、これは争奪戦。すぐなくなりました。
 アンパンやロールパンなども安くて買ったこともありますが、甘いものは食べなくなったので、買うのは食パンと、ときどきカレーパン。
ミニアンパン 
 東日本大震災(2011/03/11)直後は節約停電のあおりを受けて販売量が少なくなったり、その後は小麦粉の高騰などで食パンが値上がりしました。
 今は1.5斤が160円。それでも他に比べると安い。
 (スーパーで安い食パンも売ってるけど、不味い!)
食パン 
 その閉店を(貼り紙で)知ったのは1ヵ月前。ショックです。
 「本当なの? じゃあ、これからはどうやって明日のパンを手に入れればいいのだ」
 レジのおばさんにいうと、
 「そうなんですよね。私たちも行き場がなくて困ってます。本社にじゃんじゃん抗議してください」
 レジのおばさんにとっても職を失うことになるらしい。
右はレーズンロール 
 もっとも最近は長蛇の列とはならなくなりました。
 朝10時に行っても食パンがない。「食パンはお昼ごろになります」
 そのため私も昼近くに行くようになりました。
さくらベーカリー 
 売れ行きが悪くなったからか、全体的に売られるパンの量が減ったような気がします。
 そのため店がジリ貧で、とうとう閉店に。

 昨日(12/16)行ってきました。パンの買い納め。
 閉店二日前だというのに、混むこともなく、客はぱらぱら。
いつもの食パン 
 「明後日でお終いか。寂しくなるなあ」
 体格のいいおじさんが食パンやカレーパンなどを爆買い。

 こちらはなにもいわず、いつも通り1.5斤の食パンを2本、それに(最後なので)ミニカレーパンを一袋(10個・200円)買いました。
ミニカレーパン 
 今年いっぱいは持つけど、来年からはどうやってパンを手に入れればいいのだ。
    
 人はパンのみに生くるにあらず。(←神の声?)
 ははーッ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1048-11abed9f