洪福寺松原商店街→藤棚商店街(本当は六角橋?)ときたら、次は横浜橋商店街しかないッ。
 横浜橋とは大通り公園を横切る道。
 大通り公園は昔は運河(新吉田川)で、ここにかかっていた橋が横浜橋でした。
横浜橋 
 横浜橋商店街は全長約350m。ガラス屋根のアーケード街になっていて、食料品はもちろん、衣料品、日用品、薬局など135店が軒を並べています。
商店街入り口 
 ここは商品を地べたに置くようなことはせず、店員さんの掛け声もそれほど多くない。
 ざっと見て感じたのは加工食品(惣菜)が多いこと。それもキムチや餃子など東アジア系。
 野菜なども安いけど、洪福寺松原ほどではありません。客の数も負けてるし。
八百屋 中華総菜店
 衣料店「ハマモード」は活気があります。
 なにしろ元町のハマトラ(横浜トラディショナル)ファッション(?)が10分の1以下の値段で買えるというのだから、女性に大人気。
衣料店 
 この商店街の歴史は古く、戦前からあった(古い店は明治から)そうですが、今では地元はもとより、伊勢佐木町や関内周辺の飲食店からも仕入れにくるといいます。
 また桂歌丸師匠がこの地の出身者とあって、強力な応援者となっているのも大きな特徴です。
商店街 
 商店街のなかほどに「横浜橋市場」と書かれた看板。
 入るとムワッとする脂っぽい煙。ズラリと並んだモツや豚足などの内臓肉。さらにキムチやトッポギなどの韓国食材。「ここは鶴橋(大阪)か!」
横浜橋市場の入口 
 そこから向こう側に出られます。
 出たところは金毘羅大鷲神社の近く、町名は真金町。昔、遊郭があったところです。(参照
 ということは、当時ここには多くの娼婦たちが住んでいて、彼女たちも買い出しにきていた?
真金町側に出た 
 そう思うと楽しい。
 ある意味ではディープな商店街なのかもしれない。
 今度は夏にきて、モツ焼きにビールで一杯やろうかな。(痛風街道まっしぐら?)
金毘羅大鷲神社 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1046-f0f50841