ある人間が得意になって自らの健康法を説いても、聞いてるほうは感心するより「どうだかな」と冷ややかに思っているのではないだろうか。
 そんなことを感じさせられたのが、昨夜のTV「私の何がイケないの?」

 今回は「1日1食主義」で超健康と主張するピンクレディー未唯とサンプラザ中野。

 ピンクレディー未唯は早歩き、ジムに通うなど運動には余念がない。
 昼をすぎても食事は摂らず、空腹しのぎにアーモンドを5粒かじるだけ。
 しかし夕食は豪勢で、フカヒレなどコラーゲンたっぷりの食事。
 「これで肌の潤いはバッチリよ」と当人は豪語する。

 一方のサンプラザ中野。
 とくに運動はしない。飲むのはコーヒー。砂糖は入れない。(甘いものは摂らない)
 自分のヒットした歌と踊りを小学生に指導(健康体操?)
 激しく動いた割には汗ひとつかかない。「健康になってからは汗かかなくなったの」と本人。
 朝、昼の食事は摂らないけど、空腹しのぎにカボチャの種を10粒ほど。
 夕食はスタッフと居酒屋へ。
 アルコールは飲まず、食べるのは野菜のみ。魚、肉などは一切食べない。
 豆腐にかけるカツオ節も「それは抜いて」

 観ている側にとっては突っ込みどころ満載。
 ピンクレディー未唯の食事は典型的な「王様の食事」
 野菜が少なくて、コラーゲンの多いぜいたく料理。(料金は1万6000円也)
 コラーゲンはタンパク質から得られるものなので、直接摂ってもそれほど意味はない。
 美肌を目指すならむしろビタミンC、カルシウム、乳製品を摂ったほうがいいのではないか。
 それにコラーゲン中心の料理ばかり摂っていると、男なら痛風街道まっしぐら。
 女性の場合は(ホルモンの関係で)痛風にはなりにくいけど、だからといって身体にいいとは思えない。
 
 サンプラザ中野は明らかに偏食。
 肉を食べないのであれば、せめて魚ぐらい食べなさい。動物性たんぱく質を摂らないと、身体そのものが形成されないぞ。

 ふたりの骨年齢や血管年齢、肌年齢などの数値を測定してみると……、
 ピンクレディー未唯の場合骨年齢は(運動しているので)20代の若さだけど、血管年齢はそれほど若くなく、肌の保湿(水分)に関しては77歳。「エーッ!」と当人。
 当人の名誉のためにいっておくと、肌のハリやキメの細かさに関しては20代と若い数値。
 ただマイナスの数値だけ強調されるのがこの番組の意地悪いところ。
 観ている側は(批判的だっただけに)「やっぱりなあ」と溜飲が下がる?

 サンプラザ中野の場合はもっとひどく「このままでは寝たきり老人になりますよ」と医師にいわれてガックリ。
 ここでも観ている側は溜飲が下がる。もっともこれが番組の狙いらしい。

 結論をざっくりいうと、1日1食は薦められない。食事はバランスを考えなさいってこと。
 さらにいうと素人が説く健康法は聞くほうにとってありがた迷惑?

 翻って当方。
 これまで何人の人に自ら編み出した健康法を説いてきたことか。
 みんな「ふむふむ、なるほど」と聞いていたけど、それは大人の対応で本心は「なにをいってやがる」と冷笑していたのではないか。
 あーッ、穴があったら入りたい。

 これからは人に健康法など説かないほうがいいのか。
 そんなことを考えさせられました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1033-c6475c87