2015.11.19 所沢・東光寺
 近所を徘徊していると、思わぬ名刹(?)を発見することがあります。
 それが所沢市東部にある東光寺。曹洞宗のお寺で、山号は醫王山。
東光寺山門 
 石段を上ると本堂。御本尊は薬師如来。
 お堂は滝の城の城主・北条氏照によって建てられましたが、当時の寺の名は不明。曹洞宗ではなかったらしい。
 曹洞宗に改装したのは永禄7年(1564)。
本堂 
 江戸時代初期・慶長5年(1600)本寺である永源寺(所沢市久米)の孝山大舜大和尚が開山となり、醫王山東光寺になりました。

 本堂の奥に小高い丘があり、金毘羅山と呼ばれています。
金毘羅山 
 細い石段を上ると金毘羅社。
 金毘羅大王尊が祀られており、毎月10日は縁日で「朝金毘羅」ともいわれ、朝早くお参りをすればするほどご利益があるそうな。
金毘羅社 
 家内安全・交通安全にご利益があるそうですぞ。
金毘羅の図 
 ちょっと変わった石像もあります。
石像① 石像②
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1021-c3565f80