先月(10/15)号の続きです。
 万葉の並木道を北上すると、左側(西)に寂れた公園があります。
 寿能(じゅのう)城址公園。
寿能城址公園 
 説明書きをかいつまんでいうと、
 「寿能城は潮田出羽守資忠(すけただ)の居城であったが、天正18年(1590)、豊臣秀吉小田原攻めの際に、豊臣勢の攻撃で落城した」とのこと。
物見櫓の跡 
 この公園一帯がかつての本丸跡で墓碑の立っている塚は物見櫓の跡らしい。
 墓碑銘には「潮田出羽守資忠之墓」とあります。

 秀吉の小田原攻めのことは知っているけど、周辺の小さな城まで余波を受けていたことを改めて知りました。
潮田出羽守の墓 
 それよりも私が気になったのは、寿能という名前。
 「寿(ことほ)ぎ能(あた)う」
 そういう地名だそうですが、私は氷川神社の神事に関係があるのでは、と見ました。
 知ってた?(Do you know?=ジュノウ?)
 ところで万葉の並木道の右側(東)にも公園。
 これは大和田公園。 
 といっても野球場「さいたま市営大宮球場」があるだけ。 (テニスコートや体育館もあるそうです)
大和田公園の碑 
 大宮にある野球場といえば、高校時代の長嶋茂雄がホームランを打った「大宮公園野球場」(県営大宮球場=1934年完成)が有名だけど、近くに同じような野球場が。(ややこしいぞ!)
 もっともこっちは1967年完成と比較的新しい。
スコアボード 
 県営と市営。それぞれ管轄は違うといっても、隣接していて、しかも高校野球の地方大会では両球場ともいっぱいになる。学校数の多い東京都だってこんなところはないぞ。
 埼玉県民はよほどの野球好き?
外野スタンドからホームを見る 
 野球場と同じく公園のほうも、大宮公園は県営、大和田公園は市営、管轄が違うようです。
 さいたま市にはこういうところが数ヶ所あるけどややこしい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1008-55817c41