2015.10.31 元町厳島神社
 ファッションのメッカ元町。
 その元町の路地の奥に小さな神社があります。厳島神社。
元町 
 由緒書によると、元は横浜村洲干島にあったそうで、明治になってこの地の鎮守様になったとか。洲干島というのは今の弁天橋の先にあり、当時は洲干辨天と呼ばれていたそうです。
路地の奥に神社が 
 この洲干辨天(→元町厳島神社)は大佛次郎の文明開化モノの作品に出てきます。
 それによると、同神社は今の場所からずっと上の山手の丘にあり、人々は石段を登って参拝したそうです。
厳島神社の鳥居 
 境内からは横浜の市街地が見渡せるので、参拝客も多く、若い女性が給仕をする茶店もあって、当時の横浜ではちょっとした名所だったようです。
本殿 
 ただしこれはフィクションなので、実際どうだったかはよくわかりません。(由緒書にも書いてなかった)
 今はその石段はなく断崖絶壁になっています。
神社裏の断崖 
 山手の丘の上にあれば、この神社はもっと有名になっていたかもしれない。

 そんなことを思いながら同神社を参拝しました。
 参拝者は少ないながらぽつりぽつりと。意外にも若者が多いように見受けられました。
 同神社はこの地の鎮守様とのことで、商店街の商売繁盛のご利益が見込まれていますが、恋愛成就や学業成就にもご利益あり?
参拝する若者 
 境内は若い母親が子どもを遊ばせていました。
 子育てにもご利益あるぞ。
境内 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1002-1b95bff4