昨日(06/18)、臨時ニュースで「午前7時58分、大阪北部で震度6弱の大きな地震」との報を受けました。
 場所は大阪市北区、大阪府高槻市、枚方市、茨木市、箕面市が中心で、京都や大津なども震度5とか。
 「震度6といえば、かなり大きな地震だ」

大阪駅         

 心配になって、京都市伏見区のケアハウスに住む友人にメールを送りました。
 「大変な地震のようだけど、大丈夫か」
 これに対して友人からは、
 「凄い揺れやったなあ。でもこっちはエレベーターが止まったぐらいで、大したことはなかった。室内の物が落ちるほどでもなかった。やはり建物自体が頑丈なんだな。心配なのは娘の家(伏見区)。なにぶんにも屋根瓦が古くなっているからなあ」との返信。
 娘の家はともかく、彼のほうは無事なので安心しました。
      

 その後のニュースによると、大阪府で3人が死亡、けが人は兵庫、京都、三重、滋賀も含め300人以上とのこと。
 大阪は私が大好きなところ、知り合いも多いので心が痛みます。
 とくに高槻市の小学校でブロック塀が崩れ、その下敷きになって女児が亡くなったというのは何とも痛ましい。
 あいさつ当番でみんなより早く登校したことがアダになりました。ブロック塀も違反建築だったというし。
    

 大阪北部関連で、気になるのは枚方市。
 菅官房長官は「まいかたし」と読み違えたけど、正しくは「ひらかたし」。
 ちょうど1年前に訪れました。
    

 その日は6月11日、6月の第2日曜日で、「くらわんか五六市」が開催されていました。
 (2017/07/09投稿
 ここ枚方は東海道56番目の宿場町で、船着き場に停泊していた客船に「餅くらわんか、酒くらわんか」と小舟で飲食を勧めていたことから「くらわんか五六市」と名づけられました。

くらわんか五六市の一風景      

 京阪・枚方公園駅から枚方市駅間の旧街道沿いに多くの店が出て、けっこうな賑わいでした。
 それも何となくほんわかした感じで、歩いているだけで楽しかった。
    

 その枚方市は今日(06/19)も午前0時31分ごろ震度4を観測する地震が起きたとのこと。
 それに今日から明日は大雨だそうで、心配です。

       

スポンサーサイト

 近所を徘徊していて、5月半ばごろからずっと気になっていたのがこの花。

富士見市・市街地にて①  

 タチアオイ(立葵)のように茎が真っすぐに上に伸び、茎に沿って小さな花を咲かせている。
 花の色は青紫が多く、白やピンクもあります。
 これは富士見市の市街地で撮ったものですが、花の名前がわからない。

富士見市・市街地にて②  

 「まあ、きれいねえ」
 と幼子に語りかけていた母親に聞いてみたのですが、「花の名前はちょっと……」
 その後も何人かに聞いてみたのですが、この花の名前を知っている人は皆無。
 なかには「ハギ(萩)じゃないの」というオッチャンもいたけど、ハギは秋の花だろうッ。

富士見市・市街地にて③ 

 ネットで調べてみると、このような形態の花として出てきた名前は、
 ルピナス、ネペタ、ベロニカ、ジギタリス、デルフィニウム、ラークスバー。
 いずれも外来種のようです。
  
 このなかで覚えがあるのはジギタリス。
 これは2年前、薬用植物園(東京都小平市)で見かけましたが、強い毒性(同時に薬効)があるとのこと。そんな花を無造作に植えているとは思えないので、これは除外。
 なおも調べると、ルピナスとベロニカ、デルフィニウムとラークスバーが同じであるとわかりましたが、それ以上は不明。
      

 そんな矢先(05/24)根岸森林公園の庭園で同様の花(背丈がちょっと低いけど)を見かけました。

背は少し低いけど… 

 そこで手入れをしていた女性に聞いてみると、「ちょっとお待ちください」と花の表示板のほうに歩み寄り、「これでしょう? サルビアネモローサといいます」

花の表示板 

 サルビアネモローサ?
 初めて聞いたぞ。
 調べてみると、シソ科サルビア属の宿根草であることがわかりました。
 といってもよくわからない。
 ヨーロッパ原産と知って、なーるほど。
      

 ちなみにこれはネペタというらしい。

これはネペタ? 

 いずれにせよ、花の名前はようわからん。

      

 昨日(05/20)は朝から空は真っ青に晴れ、しかも風が涼しい。
 これは秋の気候だ。
 晩秋のころのぽかぽかと暖かい気候のことを「小春日和」というけど、初夏のころの涼しい気候は「小秋日和」とはいわないのか。誰か教えてくれ。

 こうなれば秋の気配を撮りたいものだ。
 そう思って、エコパへ行くコースを変えて、農道に入ってみたのですが……。

農道に入る   

 虫が鳴いてるわけでもないので、それほどの情感はなく、ただチャリでうろうろするばかり。(これが本当の徘徊?)

農園にて 

 エコパでも、
 「今日はまるで秋だなあ。今年の夏はもう終わったのかい?」
 「そんなことはないよ。これからだよ」
 「もっともその前が暑かったからねえ」
 「暑かったり涼しかったり、目まぐるしいな今年は」
 「でも、年々暑くなっているみたいだね」
 「我われ年配者にはこたえるなあ」
 という会話がしきり。
      

 私も若いころは夏のほうが好きだったのですが、年を取るにしたがって夏が苦手になってきました。
 日が長いのはいいけど、暑いのには耐えられず、エアコンなしには過ごせなくなりました。
      

 先日は川越の友から、
 「徘徊も難儀な季節になってきましたなあ。くれぐれも無理なさらぬように」
 といわれたばかり。
 以前なら「なにをぬかす」と反発したのですが、最近は素直に聞くようになりました。
 たしかにアスファルトの照り返しは厳しい。じゅうぶんに気をつけなければ。
    

 そんなことを思いながら帰り道、いつものように勝瀬陸橋を通ったところ、
 「おや?」
 段差のところにブーツが片方置かれています。
 なんだ、これは。

陸橋の段差に… 

 よく見るとまだ新しい。
 両方揃っていればもらって帰るけど、片方だけでは何の役にも立たないので放置しました。

段差に置かれたブーツ 

 それにしても、こんなところ(陸橋の上り口)になぜブーツが。
 車に乗っている人がここでドアを開けて、片方のブーツを置いたとはとても考えられない。
 おそらくこのあたりに転がっていたのを、誰かがここに置いたのだろう。それも車やバイクのような動力車ではなく、私のようなチャリの人。
    

 だとするとなぜブーツが転がったか。
 状況的に車とは考えにくいので、バイクのライダーのものではないか。それが何らかの事故でブーツが脱げ、それを探す間もなく走り去った。よほど急ぐ事情があったのか。
 それにしても靴が片方脱げるとは尋常ではない。
 ふーむ、謎は謎を呼ぶ。
     

 とんだ秋日和のミステリーであります。

       

2018.01.06 深夜の地震
 あれッ?
 いきなりグラグラッと揺れ出した。
 地震だ。
 それもかなり大きい。
 揺れはしばらく続き、もっと激しい揺れがグラグラッと。(ガチャーン! という音)
 大変だ、これは東日本大震災並みの地震か。
               
 そう思っている間に地震は止みました。時計を見ると0時55分。
 TVの地震速報でも見ようかな、とは思ったのですが、眠いのでそのまま眠りました。
                      
 起きたのは今朝4時30分。
 洗面所に行くと立てかけていた歯磨きのチューブが下に落ちていました。
 ガチャーンという音がしたのはこれらしい。(安定感が悪いから当然か)
             
 TVを点けても、とくに地震のニュースはない。
 ネットで気象庁の地震情報によると、これは今日(01/06)の0時54分ごろ千葉県北西部に発生した地震で、マグニチュードM4.8、最大震度4、とのこと。
 千葉県北西部というと、松戸、我孫子、流山あたりか。
         
 私の住む埼玉県南部は震度3とのことだけど、体感的には4ぐらいあったぞ。
 以前は夢の途中で地震に遭ったけど、今回は夢は見ていなかったようで、すぐに地震だと気づきました。
           
 それにしても、このところ地震が多い。
 昨日(01/05)は富山県西部と茨城県南部で震度3の地震があったというし、つい先ほども5時48分ごろ、伊豆大島近海で震度3の地震があったとのことです。(津波の心配はなし)
           
 これは大きな地震がくる予兆なのか、心配です。

       
    

 本日(10/23)午前3時。ザーザーという雨音。
 こんな激しい雨は最近では珍しい。超大型で非常に強い台風21号が御前崎(静岡県)を通過したとのこと。ここ、埼玉県南部でも大雨警報が出ました。

台風情報(午前3時)   

 この雨は昨日(10/22)の朝から降りっぱなし。
 午後になればもっと激しくなるだろうと、午前中投票をすませました。
  

 こんな雨では投票にくる人は少ないだろう、と思っていたのですが、投票所は意外にもけっこうな人出。となりのおじさんも投票にきてました。

投票に向かう人々   

 ついでに食料品の買い出しも。

スーパーマーケット   

 この日は家に閉じこもって、録画しておいた洋画を次々と消化。
 昔観た映画(「男性・女性」「ある愛の詩」「愛のそよ風」「冬の光」「処女の泉」「さざなみ」……など)が多いけど、今改めて観ると、実につまらない。
  

 これは、①当方が加齢によって感動する心が薄れたのか、②加齢によって見る目が肥えたからか、③もともとつまらなかったものなのに、当時の海外の文化に憧れる気持ちから、バイアスがかかっていたからか、などの理由が考えられますが、おそらく②と③が正解でしょう。
 (感動する心は今でも失っておりませぬ)

 映画に関してはそのうちぽつぽつと感想記(映画紹介ではなく)をUPするつもりです。

雨の鎌倉街道    

 選挙に関しては、「こんなものか」と思っただけ。
 先ほど(05:30ごろ)ゴミ捨てに外に出たら、雨はいく分小降りになっていました。
 それに今はけっこう風が強い。
 午後から晴れるそうですが。