2017.06.29 心斎橋の変遷

 大阪のシンボル戎橋を境にして、南を戎橋筋、北を心斎橋筋といいます。
 では心斎橋という橋はどこにあるかというと、心斎橋筋の北端・長堀通り(昔は長堀川)に架かっていました。

心斎橋筋北端   

 心斎橋筋商店街公式HPによると、
 元和8年(1622)長堀川の開削後、南北を結ぶ木の橋がつくられ、開削者の名をとって心斎橋と呼ばれた。長さ18間(約35m)幅2間半(約4m)。
    

 明治6年(1873)ドイツから輸入された鉄の橋が架け替えられた。

鉄の橋(明治6年完成) 

 当時の大坂では鉄橋は珍しかったので見物客も多く、錦絵も描かれている。

鉄の橋の錦絵 

 明治42年(1909)石橋に架け替わる。
 和製でありながら、西洋の街の橋を意識した趣向を凝らした橋で、渡り初めには多くの人が押し寄せた。

石の橋(明治42年完成) 

  この石橋は昭和39年(1964)長堀川が埋め立てられるまで55年間、橋としての役割を果たしました。

昭和35年の心斎橋(4年後に埋められた)

 不要になった心斎橋は陸橋(歩道橋)に移築されました。
 私が心斎橋を見たのは陸橋になってからのことで、「昔の橋を歩道橋に活かそうとする発想はすごいな」と思い、大阪が好きになりました。
    

 平成9年(1997)、長堀再開発によって地下のショッピングモールが完成。
 歩道橋は不要になり、心斎橋の一部を中央分離帯などに残されるようになった。

旧心斎橋の親柱  

 立派な歩道橋がなくなったのは残念だけど、これも時代の流れ。
 親柱と欄干の一部が見られるだけでもよしとすべきことなのか。

石製の欄干 


スポンサーサイト

 難波にくると必ず寄るのが法善寺横丁。
 道頓堀通りよりひと筋南の通りで、道幅が狭く、長さ80mほどの飲食街で、老舗の割烹やバー、お好み焼き、串カツ店などが並んでいます。

法善寺横丁   

 中央に法善寺の水掛不動があります。
 もともとこの地は浄土宗・天龍山法善寺(開山・寛永14年=1637)の境内で、参拝客相手の露店がいつしか横丁に発展したものだそうです。

不動尊の向拝所 

 ここの参拝は、水を柄杓ですくって不動尊(石像)に掛けるというもの。そのため全身緑の苔がびっしり。

水掛不動尊  

 東京・巣鴨の「とげ抜き地蔵」に比べるといささか拍子抜けですが、これがまた大阪らしいところ。

法善寺・入口    

 不動尊の西は法善寺の入口(出口)
 この場所は御堂筋から入った法善寺水掛不動尊表参道の突き当りになりますが、他に法善寺こいさん通りというのもあります。

法善寺水掛不動尊表参道  

 「法善寺こいさん」といえば、藤島恒夫の「月の法善寺横丁」

法善寺こいさん通り 

 ♪包丁一本 さらしに巻いて 旅へ出るのも 板場の修業 
 待ってて こいさん 哀しいだろが 
 あゝ 若い二人の 想い出にじむ 法善寺 
 月も未練な 十三夜
        
 古い歌だけど、大阪人にとっては今でも愛着あるのかな。
 
 水掛や梅雨は控えむ法善寺
      
 本当かな?
          

2017.06.27 難波周辺事情

 大阪を代表するところといえば、難波の戎橋を外すわけにはいかんでしょう。
 このときはまだ朝早かった(8時~)のですが、それでもけっこうな人出です。

戎橋 

 大阪のシンボル、グリコ看板を背に写真を撮る人が多い。

グリコ看板を背に写真を撮る人 

 人々の活気と景観は相変わらず、といった感ですが、それでも少しずつ変化が見られます。
 気に入ってた「青山」という喫茶店がなくなっている。
 ここは朝行くと女店員さんが必ず新聞を持ってきた。珈琲も美味いし、奥の席のガラス窓からは道頓堀川が見えた。

道頓堀川 

 さらに「くいだおれ」食堂がなくなった。
 食堂は少しずつ縮小されていたけど、今回きてみたら完全になくなり、今は土産物屋オンリー。
      

 名物の「くいだおれ太郎」の人形は中座くいだおれビルの入口にありました。

くいだおれ太郎   

 それにしてもラーメン店のなんと多いことか。
 道頓堀(通り)を東に歩くと大きなラーメン店が並び、さらに千日前商店街に入るとラーメン店ばっかり。大小合わせると30店ぐらいあるのではないか。

ラーメン店が櫛比 

 こんなに競合してやっていけるのだろうか。
 気になります。(おそらく淘汰されると思うけど)
    

 あとはたこ焼き、お好み焼きが多く、やはり粉ものの町大阪の面目躍如。
 炭水化物ばかり摂って大丈夫か。大阪人の健康は。(よけいなお世話?)
     

 変わらないのは木製の太左衛門橋。
 ほっとしました。

木製の太左衛門橋 

 アジサイはそろそろ終わりなので、見納めの意味もあって先日(06/23)彩翔亭に行ってきました。
  

 彩翔亭とは所沢・航空公園のなかにある和風庭園で、築山、池、滝、竹林……が配されて、なかなかの風情があります。

茶室横のアジサイ   

 アジサイは茶室の周辺と、

茶室手前のガクアジサイ   

 四阿の周辺。

四阿とアジサイ  

 とくに四阿の上から見る景色はなかなかのもの。

四阿の上から   

 あとは築山周辺。

築山に上る石段 

 ここは名所というほどのものではないけど、知る人ぞ知るで、数人の人が訪れます。
  

 今年は鎌倉へは行けなかったけど、このアジサイでよしとするかな。
     

 昨日のレトロビルのすぐそばに水上署があり、その裏は西岩壁です。
 ここにマーメイド像があります。

マーメイド象   

 実物の5分の4の大きさで、デンマークのコペンハーゲン港と大阪港の文化交流のしるしとして平成7年(1995)に寄贈されたものだそうです。
     
 その北には遊覧船の船着き場などがあって、その先は北2号岩壁。

北2号岩壁   

 このあたりは「サンセット広場」と呼ばれる夕陽の名所。

サンセット広場    

 ちょうどサンタマリア号(観光クルーズ船)が入ってくるところでした。

 サンタマリア号の入港(サンセット広場より)   

 時刻は夕暮れどき。夕陽を受けてサンタマリア号の帆柱がシルエットになって見え(?)ます。

サンタマリア号  

 これなら人の姿もシルエットになって見えるのではないか。
 当方には3年前の11月、ここより南西のATC海岸で撮った夕暮れの思い出があります。

ATC海岸にて(3年前の11月)       

 しかしここは若い男女が岸壁にいるわけではなく、年配のオッちゃんが釣り糸を垂れているのみ。
なにが釣れるんですか? と聞いたら、「タコじゃよ。わっはっは」
(ホンマかいな)

釣りをするおじさん   

 この日はきれいな夕焼けが撮れずに終わったけど、こんなこともあるよ。

貨物船    

 でも横浜や横須賀の海岸では見られない光景を撮れたことでよしとするか。