清瀬高校からの帰り、志木街道で見つけた長源寺。
 曹洞宗のお寺で、山号は清戸山。本尊は釈迦牟尼佛像。

長源寺。境内と本堂 

 境内には観世音菩薩が祀られており、その背後には竹林。この竹林はなかなかのものです。

観世音菩薩(長源寺) 

 その竹林の前に数株のアジサイが。

長源寺・竹林とアジサイ① 

 アジサイの古刹とまではいかないけど、ひっそりした風情があります。

長源寺・竹林とアジサイ② 

 というか、ひっそりし過ぎのような気も。
    

 おや? 竹林のなかに小さなお地蔵さんが。

竹林のなかに… 

 こわい顔をしておられるが、なかなか含蓄のある表情だ。
 こんなお地蔵さんがひっそりとたたずんでいるところがいかにも清瀬らしい。

          

スポンサーサイト

 わが家から最も近い東京都は清瀬市。
 川越街道を南下して、英インターを越えて新座市に入り、そこから南西に向かうとすぐ清瀬市です。
 その清瀬市の都立清瀬高校で、この時期アジサイの咲く中庭を一般開放する(あじさいウィーク)というので、5年前に訪れたことがあります。
 それを思い出して、「久々に行ってくるか」と一昨日(06/13)訪れました。
   

 アジサイが見られるのは同校の中庭遊歩道。ここに約500株のアジサイが植えられています。
 しかし……。

清瀬高校・中庭遊歩道入口 

 5年前に比べるとかなりショボい。

中庭遊歩道①   

 せっかくきたのだから、こちらとしては(好意的に)アジサイの密集しているところを重点的に撮っているけど、全体的にはお寒い限り。

中庭遊歩道② 

 いうのもナンだけど、5年前は正門に入ると職員の方が案内してくれたし、受付にも数人の高校生がいたけど、今回は無人。完全なセルフサービス?
   

 しかも氏名を記帳すると「あじさいマップ」(裏はカラー写真によるアジサイ名鑑)がもらえたのに、「あじさいマップ」は単色の紙。「名鑑」のほうは貸し出し制(使ったら返却)。
 ふーむ、ここも財政難で(?)アジサイに経費や人力を割くわけにはいかんのか。
      

 しかしアジサイはキャンパスの南側、東側の道路沿いにも約500株が植えられているとのこと。
 なるほど、東側の図書館通りの植え込みには色とりどりのアジサイが咲いています。

図書館通り 

 こっちのほうが見事だ。

セイヨウアジサイ 

 ちなみに5年前にもらったアジサイ名鑑によると、ガクアジサイでもいろんな種類があることがわかります。これは白花ガクアジサイ。

白花ガクアジサイ 

 これは珍しい(?)城ケ崎。

城ケ崎 

 ということで、清瀬高校のアジサイはキャンパス内より外の道路のほうが素晴らしいことがわかりました。

     

 鶴岡八幡宮にも行きました。
 ここは何度もきているので今さら述べることはありませんが、今回(06/05)は目にとまったものだけとり上げます。
    

 まず境内から見た太鼓橋と鳥居。
 鳥居の向こうは若宮大路です。それわりも手前の御神木(楠?)がなかなかの貫録です。

太鼓橋と鳥居   

 源平池で見かけた白鳩。つがいで見られたのが何とも縁起がいい?

つがいの白鳩 

 白幡神社の境内では、オジサンが小動物に餌付けをしているので、何かと思ってよく見ると、

オジサンが餌付け 

 りすでした。
 以前、八幡宮の石段の手すりで見たことがあるけど、ここでは初めて。可愛い。

境内のりす     

 その鶴岡八幡宮の石段です。これは本宮(拝殿)から見た景色。
 正面は舞殿。石段右はイチョウの若木(小銀杏)。

鶴岡八幡宮の石段 

 その本宮。扁額の「八」はつがいの鳩であることを確認しました。(常識?)

鶴岡八幡宮・本宮 

 本宮横手にある丸山稲荷神社。
 赤い鳥居が数本並んでいるので入りました。ここへ入ったのは初めてです。
 境内では中学生がたむろ(課外学習?)していました。

丸山稲荷境内 

 あとで調べてみると、ここは鶴岡八幡宮の創建以前からあったといわれる古い稲荷社で、地主神社とも呼ばれていたとか。(境内の最も古い建造物として国の重要文化財に指定)
 ふーむ、彼らは知っていたのか。
     

 蛇足ですが、前回きたとき気になった「タン塩ステーキ」(一串600円)を食べました。
 焼けるまで様子を見ていましたが、カッターナイフで切れ目をつけ、そこにワインとコショウを振りかける。

カッターで切れ目を入れる 

 それをギューッと鉄板に押し付け、ハイできあがり。

でき上がったタン塩ステーキ 

 味は? 素朴な肉(タン)の味でした。美味い、不味いはいいません。
 これも体験ということで。もう食べることはないかな。
      
      

 高徳院(大仏様)をあとにして海岸通りを東に進み、とある地点から北へ入ると、緑に囲まれた閑静な舗道。敷石もしゃれています。

閑静な舗道  

 そこを進むと石造りのトンネル。というのもここは山の中腹にあるため。

石造りのトンネル 

 それをくぐったところに鎌倉文学館があります。
 ここは前田家の別邸でしたが、昭和58年、鎌倉市に寄贈され、外観をそのままに内部の補修・収蔵庫の新築を行って、昭和60年(1985)に鎌倉文学館として開館しました。

鎌倉文学館 

 鎌倉ゆかりの文学や、川端康成、夏目漱石、芥川龍之介、与謝野晶子ら鎌倉ゆかりの文学者の直筆原稿や手紙、愛用品などが保存展示されています。
 企画展では作家・高橋源一郎による『日本文学盛衰史』が展示されていました。(ちなみに前回訪れた6年前は「小津安二郎展」)
    

 それだけではなく、ここは庭園も素晴らしい。
 とくにバラ園には200種、245株のバラが植えられ、この時期はまさに見ごろ。

庭園のバラ① 

 鎌倉、星月夜、静の舞、流鏑馬、禅、春の雪、大姫、実朝、薪能、かまくら小町、紅が谷といった鎌倉ゆかりのバラが植えられているそうですが、よくわからん。

庭園のバラ② 

 それにほとんどが盛りをすぎていました。

庭園のバラ③ 

 恒例のバラまつりは05/11~06/10で、私が訪れたのは今月の5日(火)。
 今年の花(桜、アジサイ、花菖蒲)は咲くのも終わるのも早かったからねえ。

      

 長谷寺を出て次に向かったところは高徳院(こうとくいん)。
 浄土宗の寺院で山号は大異山。正式名は大異山高徳院清浄泉寺(しょうじょうせんじ)。
 本尊はご存じ大仏様(阿弥陀如来像=国宝)であーる。

鎌倉大仏・正面 

 像高約11.3m、重量約121t。
 横から見ると、猫背で顔が前傾していることがわかります。

胎内拝観・入口 

 その下からは大仏様の胎内に入ることができます。
 なかは狭くて暗い。階段を上ると腹の部分に出ます。

胎内(腹の部分) 

 U字状のひだは着物のはだけた部分。(正面像参照)
 腹の上方、円く窪んだところは頭の部分。螺髪(アフロヘア?)までよく見えます。

胎内(窪んだところが頭) 

 胎内拝観はこれだけ。
 当方は善光寺の胎内巡りのようなものを想像していたので、いささか拍子抜け。
       

 大仏様の裏手の庭に与謝野晶子の歌碑があります。

与謝野晶子・歌碑 

 かまくらやみほとけなれど釈迦牟尼は 美男におはす夏木立かな
      

 まさに今の季節ではありますが、釈迦牟尼ではなくて阿弥陀如来。
 知らなかったのか、それとも字あまりになるから敢えて釈迦牟尼にしたのか。
 今となってはどうでもいいのだろうけど。